ジェイ・ブリッジ元役員のインサイダー取引


<匿名希望さんより>インサイダー取引の疑いをかけられている53歳のジェイ・ブリッジ元役員とは、野田英孝氏ではないでしょうか。2004年2月20日当時で48歳でしたから、ビンゴですよね。同氏は確か、株売却益で麹町にマンションを購入したのではなかったでしたっけ?

(コメント)そうです。間もなくパクられると思います。そういえば、こいつも昔私に対してケンカ売ってきましたね。さんざん書き倒してやったらおとなしくなりましたが・・・だから、悪さしている奴がうちにケンカを売ると、しばらく後に天誅が下るんです。不思議なシステムですが、そういうことになっています。くれぐれも、悪さしている連中はうちに逆らわない方がいいです。逆らうと、名前を挙げるまでもなく、必ずやられます。きっとお天道様は見ているんですね。ありがたい限りです。

NDB、野田英孝氏(新社長)
2004/02/20, , 日本経済新聞 朝刊, 12ページ, 有, 131文字  
 ◇NDB
 野田 英孝氏(のだ・ひでたか)78年(昭53年)英ハイバリー・インス
ティチュート経営工学卒、西海機興入社。ユナイテッドデータテレコムなどを経
て、03年6月から日本橋倉庫(現NDB)専務。長崎県出身、48歳
(2月19日就任。延時安典社長は取締役会長に)

ジェイ・ブリッジ、桝沢徹氏(新社長)
2004/07/07, , 日本経済新聞 朝刊, 15ページ, 有, 132文字  
 ◇ジェイ・ブリッジ
 桝沢 徹氏(ますざわ・とおる)85年(昭60年)桃山学院大社卒、和光証
券(現新光証券)入社。コメルツ銀行などを経て、03年7月NDB(現ジェ
イ・ブリッジ)入社、04年6月取締役。大阪府出身、43歳
(6日就任。野田英孝社長は代表権のある会長に)


投資会社元役員、海外口座でインサイダー、クロスボーダー取引――初の強制調
査。
2009/02/23, , 日本経済新聞 夕刊, 17ページ, , 1134文字 

株売り抜け容疑 監視委
 東証二部上場の投資会社「ジェイ・ブリッジ」の元役員(53)が二〇〇六年
五月、同社の業績悪化を公表する直前に保有する同社株を海外口座で売り抜け、
数千万円の損失を回避した疑いが強まり、証券取引等監視委員会は二十三日までに、証券取引法(現金融商品取引法)違反(インサイダー取引)の疑いで強制調
査した。
 国境を越えて行われるクロスボーダー取引で監視委がインサイダー取引容疑で
強制調査に乗り出すのは初めて。監視委は東京地検特捜部に刑事告発する方針
で、調査を進めている。
 問題の同社株取引にはシンガポールの投資ファンドの銀行口座が利用されてい
たという。監視委は投資ファンドの取引履歴などの入手のため、法務・検察当局
を通じてシンガポール金融当局の通貨監督庁に捜査共助を要請した。
 関係者によると、元役員は監視委の調べに対しインサイダー取引を否認してい
るもよう。
 開示資料によると、ジェイ社は〇六年五月十二日、同年三月期の連結経常利益
が予想より約六八%減の二十八億円になると公表した。
 関係者によると、シンガポールの投資ファンドは公表直前の五月二―十一日に
保有する同社株を日本市場で売却。同社の株価は業績悪化の公表後、一株九百円台から七百円台に急落。ファンドは事前の売り抜けで数千万円の損失を回避したもようだ。
 元役員はこのファンドの株取引の発注権限を持っていたとされ、監視委は実質
的に元役員がジェイ社株の取引を行っていたとみている。
 ジェイ・ブリッジは一九二二年創業の倉庫会社「日本橋倉庫」が前身。〇四年
に企業再生を目的とする投資事業に参入し、現社名に変更した。
 カジュアルブランド「ゴールデンベア」を手掛ける小杉産業(東京、破産手続
き中)への出資などが注目を集めたが、投資先の株価低迷で業績は悪化してい
る。
 クロスボーダー取引を巡っては〇四年、監視委が、シンガポール政府投資公社
の職員三人が日本市場でインサイダー取引をしたという情報を同国に通報。シン
ガポールの通貨監督庁が罰金を科した例がある。
 ジェイ・ブリッジの話 当社の認識では、監視委の調査対象は元役員が行った
個人的行為。調査には全面的に協力している。
 ▼クロスボーダー取引 国境を越えて行われる金融商品などの取引。IT(情
報技術)の発達などで活発化しているが、不正取引の監視・摘発が課題となって
いる。証券取引等監視委員会は米国、英国、シンガポール、香港などの証券規制
当局と協定を結ぶなどして、不正取引の疑いがある事案について情報交換してい
る。
 世界の証券当局が参加する証券監督者国際機構(IOSCO)は二〇〇二年に
国際的な不正摘発を目指す相互協力網を立ち上げ、日本の金融庁も〇八年から参加している。

この記事に関連しそうな記事