顔認証捜索システム

各駅の防犯カメラやモニターについてるカメラの映像で、登録した顔認証をいれると自動検索。

秋篠宮ご夫妻の長男、悠仁さまが通学するお茶の水女子大付属中学校(東京都文京区)で悠仁さまの机の上に刃物が置かれた事件で、警視庁捜査1課は29日、建造物侵入容疑で自称、長谷川薫(かおる)容疑者(56)を逮捕した。

連行される長谷川薫容疑者

 捜査関係者によると、長谷川容疑者は職業不詳で以前、京都府に住んでいた。容疑を認めているという。防犯カメラの画像などから長谷川容疑者が浮上。

 中学の正門カメラに午前10時半過ぎに長谷川容疑者らしき男が写り、校舎内に同10時50分ごろ、最後に正門のカメラに同11時10分過ぎに写っていたという。さらに中学校近くの地下鉄の駅のカメラに長谷川容疑者によく似た男が写っていたことから、カメラ画像を追跡し、移動経路を特定した。29日夜、神奈川県平塚市内のホテルで長谷川容疑者の身柄を確保した。

「学校付近の地下鉄駅の防犯カメラに写っていた長谷川容疑者は工事業者風ではない服装だった。つまり着替えて逃走したということ。今回は平成の内に絶対逮捕しようと、刑事部SSBC・捜査支援分析センターを投入。防犯カメラを繋ぐリレー方式を使い、短期総力戦で臨んだ。陛下の退位、新天皇の即位前に逮捕できてよかった。警視庁刑事部の面目躍如だ」(捜査関係者)

 侵入事件は26日に発生し、刃の部分がピンク色に塗られた果物ナイフのような2本の刃物が棒に粘着テープで固定された状態で、悠仁さまの机と隣の机にまたがるように置かれていたという。

 悠仁さまのクラスは当時、全員で教室の外に出ており、無人だった。校内の複数の防犯カメラに同日昼前、ヘルメットをかぶり、上下青色っぽい作業着風の服を着た男が写っていた。警視庁は長谷川容疑者の思想などは不明で動機を追及している。