今まで良くても、今この瞬間が悪ければダメなのが総理大臣。

二階堂ドットコム主宰 二階堂様

私の知り合いに安倍首相は疫病対策をよくやっていると支持する者がいました。わたしは今回の疫病対策については何より初動が間違っていたと思っています。
何で支持するのか聞いているうちに、「よくやっている人の背中を打つのはやめよ」と言い出す始末でした。偏向的支持者でなのかな?と感じました。
学校休校のことにしても小手先の対策です。
良いか悪いか評価は別として、中曽根型のような手法をとれる、それなりに勉強して問題の本質、先を読める政治家、役人の不在が不幸を招いているように思います。超法規的な手法をなぜとらないのか?総理が出てきて国民になぜ語らないのか?
総理は事の本質を理解し先を読めない人だった、危機に強いというのは虚像だったと思います。メディアがいう総理候補なんかは虚像です。菅直人、鳩山由紀夫、船田元なんか持て囃していたのは何だったのでしょうか。
自分で生きていくためにこれまで蓄積した知識経験をいかしていくしかありません。
メディアは現金なものなので、いつかはアベ疫病対策ミス叩きになるでしょう。
そのときに国民が知っても遅いです。
野党はホントにピンボケしています。
今回の疫病対策でこの有様だと、有事のときはどうなるのでしょうか。
籠池問題、桜問題のときは特に問題ではないと思っていましたが、今回の疫病対策ではアベ総理も地位に長らくいると、裸の王様になるのかと失望しています。
習近平来日、五輪、五輪後の総選挙で勝利し、総理総裁再選・・の方が優先だったのでしょうか。この疫病は大したことはないと甘く見ていたのでしょうか。

令和になって本当に変なことが起きます。自然が悪さしています。なんかの警鐘と理解しています。