【投稿】シナ虫は 昔も今も 常に虫

僭越ながらここ最近の状況について私見ですがお送りしたいと思います。勿論、私の考えが全てに通ずるものとは思いもしませんが、居ても立ってもいられません。
インドネシア等で拡がっている、そしてこれから他の国や地域にも拡がっていくであろうシナ・コロナについての日本人排斥や元凶説は、インドネシアも含めた東南アジアに特に多い現地に土着化した華僑=華人らが自分達に矛先が向かわないように先手を打っているものと考えます。大東亜戦争時や前後の東南アジア等でも同様のものがあったと思います。

のんびり屋さんの現地人を尻目に彼ら華僑の根源的な不安=金が減るのを極度に恐れる心理からの勤勉さ(つまり動機不純の不穏な勤勉さ)からその地の経済を牛耳ることになり、またその経済力を用いて表面的には現地人による政治を操っていることに拠るいつの間にかババを引かされる・引くように仕向けられる本来の現地人の不穏心(やり場の無い漠然とした、不満・不安・鬱憤・怒り等)を元凶が彼ら華僑・華人(現地から見ればヨソ者)だと気付かれ、積年の恨みの矛先を向けられないように簡単にこれまでも上手く利用できた日本・日本人に向けるという卑しい責任回避です。

シナや半島という国家自体が全く同じことを世界的にしています。今は欧州の感染増加に手下のWHO等を使って世界の目を逸らそうとしていますね。

全て因果応報で「なるようになっています」ね。

私が今まで仕事(経済活動)で関わってきたシナ人はすべからく今その時の損得しか考えていませんでした。その為にその先の波及まで視野に入っていないので自業自得状況に陥りますがそういう時だけは「悪知恵の火事場のバカ力」を発揮して表面上終わったように装いますが、これは単なる「先送り」ですので、また遅かれ早かれ利息付きで更なる自業自得状況になります。その際限の無い、反省や自己規律の無い、繰り返しの中で当人達だけではなく周囲(他国・他人)まで巻き込んでいきます。最後は強制終了・破滅です、しかも周囲を道連れにして。

可能な限り速やかな間を取る(国交の再設定)必要があります。さもなくば彼らの目途無き自傷行為に巻き込まれます。

乱文失礼いたしました。