【ビバ!新型コロナ!】ある官僚たちが膝を打って喜び歓迎する裏事情

新型コロナウイルスの感染者拡大が世界中で勢いを増している。ヨーロッパに続いて著しく医療事情の悪いアフリカ諸国も早晩パンデミックの渦に巻き込まれると見られている。感染者数の急増に伴い、重症肺炎による死亡者数も増加の一途をたどっている。各国が移動制限などで感染者の拡大を食い止めようと躍起になっているものの、もはや手の打ちようがない状況に陥っている国や地域も多数報告されている。

日本では医療を管轄する厚生労働省が中心となって、防疫体制や医療体制のさらなる構築を進めている。厚労省の職員は寝る間も惜み働き詰めで、疲労困憊になっていることは言うまでもない。しかし、そんな状況を横目に見ながら内心ほくそ笑んでいる人々がいるという。まるで新型コロナウイルス流行を歓迎しつつ“淘汰”というワードを仲間内で囁き合っているとか。さらにそんな彼らの裏工作によって新型コロナの治療体制整備に遅れが出ているとの噂も。当サイトはさっそく事情に詳しい関係者に取材を敢行した。

https://www.j-cia.com/archives/16028