ふとふりかえれば

恥のある人生だったが、後悔はないよき人生であったなぁ。