コロナの次は“県境またぎ不倫”阪神内部のゴタゴタぶり

3月には藤浪晋太郎をはじめ現役選手3人が武漢コロナに感染、大阪市内でタニマチとの会食には複数の現役選手が参加していた阪神タイガース。今度は“自称エース”西勇輝が日本政府の緊急事態宣言の最中、県境をまたいで不倫にいそしんでいたのが文春砲で暴かれた。なぜこうもゴタゴタが続いているのか。スポーツ新聞では忖度し過ぎて「絶対に書けない」内部事情を本サイトが独占キャッチ

https://www.j-cia.com/archives/16320