【国民総背番号制、始まる】先週末、厚生労働省事務次官の参加する会議で出た案件

マイナンバーカードを保険証として使用できる様にするべく既に手続きが始まってるが、実際の医療機関での使用実施は来年3月からときまった。それに伴いマイナンバーカードの取得率100%を3年後の3月末までに目指すことになった。実質的な国民総背番号制度の始まりだぁ!

医療機関でマイナンバーカードを使用する際は、受診者本人がカードをカードリーダーに載せる仕組みとなった(利権)。このため全医療機関で読み取りカードリーダーを揃える事になる様です。どこの利権なのでしょうか?いいなぁ!天下りがまた増えますね!!

あと、カードを利用する事によって、来年10月からレセプト情報も医療機関で閲覧出来る様になる。レセプト情報は受診時から2か月前までの情報。注射・処方内容・検査等が閲覧でき、重複投薬の予防にも使用させたいと厚労省元技監。

しかしナマポ、自衛隊、船員とかはちょっと異なるシステム(いわゆる一般保険証を持っていない)なので、ナマポらの紐付けは2025年を目処に行うコトとなった。

マスコミの報道は、記者クラブ発表がないと流せないのでそれまででないw速さではうちの相手になりません。