新年のごあいさつのついでに今一度・・・

新年一号記事からimbさんを出させて頂いた。頑張って欲しいからである。コロナ禍でみんなひっくり帰ってるところを、なんとか需要につなげたい。俺が勝手にそう思っている。家にいるなら「御注文はサプリですか?」という感じで(もうわからない人何のことやらでしょうが続けます)、お買い上げ下さい。全商品が全員に効くなんていうアホなことは私も言いません。そりゃあ薬と似たようなもんで相性ってもんがある。3か月試してダメならキッパリとやめて違うの飲みなさい、と私は以前からオススメしているとおり。

この際コロナに打ち勝つためにも各種サプリを・・・ていうかプラセンタを飲みまくっているせいか私は肌が20代でして。美容整形でもやったのかと15年前にあったヤツにいわれたくらいです。まぁほかにも年末年始、今年は出番が少なかったかな「ウコンの出番」。

「え?おまえみたいなアホのいうこと信じられるか」って?そう、アホではなくバカなのです私は。バカを自認することから人間はじめないといけません。バカを自認するから面白い事ができるのです。世の中意外と「本当のバカを自認している人間」というのはすくないかもしれませんよ?

んで、詳しくはバナーをクリックして下さい。そして試してみてね!

以下は岩田さんからだよっ!


<imb岩田さんより>いつも大変お世話になっており心から感謝申し上げます。

二階堂様におかれましてはお正月早々から読者向けの有意義な情報提供や内需拡大の旅など本当にお疲れさまです。

世の中では、新型コロナ禍のためさまざまな変化があることを感じました。

それは元日の報道にも現れており、初詣の参拝者が3〜7割減の神社もあれば、「コロナの収束を願って」マスク姿の参拝者がひしめき合うほど“3密”になった神社もあったとのことです。

また神社側の工夫として、“3密”を避けるため、賽銭箱の幅を横にぐっと広げたというのは逆転の発想かと驚きました。

 

いずれにしても新型コロナウイルス感染症は、まだまだ私たちの生活に影響を与えるに違いありません。

 

他方、忘れてはならないのが新型コロナウイルス感染症をも凌ぐ多くの健康リスクです。

老衰を除けば、「悪性新生物(がん)」、「心疾患」、「脳血管疾患」、「肺炎」、「不慮の事故」は、ここ30年以上変わらず、我が国において人命を脅かしているワースト5位内のリスクです。その発端となるのが生活習慣病や運動器症候群であり、いかにそれらを防ぐかが我が国において最大のテーマである『健康寿命の延伸』と深く関係しています。

 

年が明けたことを祝いつつも、新型コロナウイルス感染症拡大の早期収束を目指し、普段からの健康管理を心がける必要性をいっそう感じます。

 

そこで弊社アイ・エム・ビーでは、みなさまの健康を祈念して1月31日(日)まで【新春 慶兆健康フェア】を開催することといたしました。

 

「慶兆」とは、めでたいことの前ぶれ、または、きざし。(精選版 日本国語大辞典 小学館)

 

「きざし」は天道のただの現象に過ぎないかも知れません。「きざし」とは運命の前髪です。天が見せた前髪をつかみにいくのは私たち自身です。

令和三年元旦。初日の出を拝し、それを取り囲む黎明の億兆ひとつひとつの水滴の輝きに「きざし」を思いました。「きざし」は私たちひとりひとりのなかに満ちるものであることを願います。

二階堂様にはいつも多忙な折に恐れ入りますが、よろしくご案内のほどお願い申し上げます。

岩田眞人 拝