【熱烈歓迎投稿】政府広報動画に淡路島の西村康稔大臣と共に出演された忽那賢志大先生を熱烈に応援します!

先ずは、国立国際医療研究センターの感染症専門医にして、テレビやラジオ、そしてヤフーにおいて新型コロナウィルスの恐怖を啓蒙されている忽那賢志大先生、おめでとうございます!何と言っても、政府広報動画に淡路島(パソナ支援)の西村康稔経済再生大臣(淡路島名物のタマネギを自民党議員に配ることでも有名)と共に出演され、そしてファイザー製薬のコロナウィルスワクチンの接種を国民に向けてお勧めされている御姿は、感染症専門医の鑑です!

ネット上で忽那賢志大先生の御経歴を拝見すると、名門である福岡県立小倉高等学校を御卒業後、国立山口大学医学部を極めて優秀な成績で御卒業、そして医師免許を取得されておられるようです。その後一貫して給料が安い国立病院にご勤務という、拝金主義の医師会幹部に爪の垢を煎じて飲ませたいような輝かしい御職歴です。ところで、どこを見ても忽那賢志大先生が大学院博士課程を修了した、と言う記載が無いのですが、まさかとは思いますが、先生は大学院修了をの事実を公表されてないだけですよね?私も忽那賢志大先生同様に公立高校から地方国立大学医学部卒業なんですが、学歴ロンダリングの為に国立大学医学部大学院を修了しています。同様にコロナウィルス騒動で活躍されている天下の西浦博大先生も大学院修了されています。いや、博士号なんかよりも臨床ですよね。何せ、日本一お忙しい忽那賢志大先生ですから、つまらない研究活動なんかしている暇は無いですよね。いや、本当に輝かしいご経歴です。もし博士号を取得されていないのであれば、今後大学で研究活動される御意志はないという事なんでしょうね!素晴らしいと思います。

忽那賢志大先生は大学から研究論文を出さずに、テレビやラジオ、そして査読されていない数々の商業誌やヤフーから、新型コロナウィルスの恐怖を御説明されておられます。ところで、この騒動が発生する前から存在する従来型のコロナウィルスの問題点については解説されておられないようですが、もう少し私のような愚かな市井のゴロツキ医師に従来型と新型の違いについて明確に御解説して頂くと大変有り難く存じます。何せ、致死率50%以上のエボラ出血熱ウィルスと同等の二類感染症相当に分類されている新型コロナウィルスです。結核よりも恐ろしい感染症に分類されています。私の様な無知蒙昧なカスのような医師は、インフルエンザウィルスと同等の五類感染症に分類すべきだと思っているのですが、やはり天下の忽那賢志大先生、経済の破壊を顧みずにマスク装着して自粛する事と、ファイザー製薬のコロナウィルスワクチンを接種する事を一貫して説かれておられますね!新型コロナウィルスは、どうあっても二類感染症相当じゃないとダメなんですね!さすが忽那賢志大先生、感染症専門医の面目躍如です。

忽那賢志大先生はファイザー製薬のコロナウィルスワクチンを、「切り札」と称されておられます。その素晴らしい効能について日々テレビやラジオ番組、そしてヤフーにおいて解説されておられます。それはそうと、忽那賢志大先生はファイザー製ワクチンの抗体維持期間や接種後の長期予後についてあまり説明されておられないのですが、天下のファイザー製薬ですから、5年後10年後に深刻な副作用が発生することなんてあり得ないんですよね?勿論、2回の接種で完璧な抗体が作られ、そして「切り札」と呼ばれるに相応しい形で新型コロナウィルス感染は終息するんでしょうね!私の様なゴロツキ医師は、一部の塩基を人工的に置換したmRNAワクチンなんて聞くと、将来的に発癌発生率が高くなるなどと妄想してしまうんですが、癌よりも恐ろしい新型コロナウィルスですから、感染症専門医の忽那賢志大先生なら一顧だにする必要も無い些末なことですよね!そうそう、私もたまにコロナウィルス病棟を覗くんですが、コロナウィルス感染症の重症者って、普段御生活習慣が悪くて同情出来ないとか、単なる寿命にしか見えないんですが、やはりそれは私の目が腐っているんでしょうね。コロナウィルスによる死亡者の平均年齢も殆ど平均寿命と変わらないなんて説があるんですが、それでもやっぱり新型コロナウィルスは癌やエボラ出血熱なんかよりも遙かに脅威なんでしょうね!

もう一つ、無知蒙昧なカス医師が愚かにも疑問に思う事があるのですが、忽那賢志大先生はいずれ明らかにして下さると思います。例えば、発症したらほぼ100%の致死率の狂犬病ウィルスや天然痘ウィルス、医療従事者には脅威のB型肝炎ウイルス、排菌の際にはN95マスク必須の結核菌、そして同様に致死率の高い破傷風菌や日本脳炎ウィルスのワクチンは人類にとって欠くべからざるものだと思います。新型コロナウィルスの致死率は、特に日本においては1%にも満たないのですが、副作用発生率と同等の致死率しかない、そして抗体保持期間が明らかでないファイザー製薬のコロナウィルスワクチンが切り札である理由をバカな私に教えて下さい!勿論、日々テレビやラジオ番組に御出演、いや臨床業務でお忙しいはずの忽那賢志大先生のご尊顔を拝する事は夢にも思っておりませんが、是非ともヤフー誌上において分かりやすく説明して下さいね!

忽那賢志大先生はテレビやラジオ番組、そして政府広報動画に御出演されてお忙しい事と存じますが、いつ臨床業務をやられているのでしょうか?天下の国立国際医療研究センターですから、普通の感覚だとテレビやラジオ番組に出演している時間は無いように思うんですが、やはり忽那賢志大先生はあまりにも優秀なので、完璧な臨床業務を行われているんでしょうね!私が研修医時代に、指導医から「テレビやラジオに頻繁に出ている医者なんかにろくなヤツは居ない。」と教わったモノですが、そんなのは古くて、しかもテレビやラジオ番組に出演出来ないカスゴミ医師の妬みなんでしょうね!

忽那賢志大先生は、製薬会社共催セミナーの講演や執筆が多いと噂されておりますが、きっとたくさん稼いでいらっしゃるんでしょうね!感染症専門医は給料の安い大きな公立病院にしか就職出来ないなんて言われてきましたが、さすが忽那賢志大先生です。病院の給料が安くても、製薬会社から講演料を頂けるんですね!いや、羨ましいです。私も以前小さな外資系製薬会社の講演や執筆をやっていたことがあるんですが、臨床業務に差し障りがあるので止めました。能力が足りないんですね。忽那賢志大先生は製薬会社後援のセミナーのみならずテレビやラジオ番組ですからね!最早超人です。

忽那賢志大先生の御姿を無礼にも拝見すると、肥満で髭面なんですが、これは臨床業務があまりにも忙しい結果なのでしょうか?忽那賢志大先生は御自身が高血圧だとも仰っておられますが、肥満と高血圧が新型コロナウィルスの重症化要因ではないのでしょうか?欧米の致死率が高いのは肥満が関係していると思う私は愚かなのでしょうか?切り札のワクチンよりも日々の生活習慣が大事なんて言ってたら、既に日本円にして1兆5千億円以上も売り上げて、一部では「厚労省と自民党のコロナ利権」などといわれているワクチン利権を享受するクズもといおキャリア様やファイザー製薬に失礼ですもんね!

ところで、渡哲也やパソナで有名な淡路島の西村康稔経済再生大臣は、やはり素晴らしいお方でしょうか?次期総理を目指すという西村大臣と共演された忽那賢志大先生は正に小倉の星ですね!淡路島と小倉は別の話題でよく知っていたのですが、これからは忽那賢志大先生と、その強引さから一部のバカネット民に「ヒトラー」とまで言われている西村大臣がその象徴となるんですね!忽那賢志大先生、これからも応援します!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

↑以上投稿。世の中にバカが増えたから一応言っておくが、これは「褒め殺し」というやつだ。まぁ殺しちゃいないな。褒めてるんだからwわからなければググれ。最近は年寄りでもバカが多いからな、いちいち解説を入れなきゃならん・・・