【菅のワクチンバックマージン】東京都、大阪府は陽性者の国籍を明示しろよ、税金使ってんだから

阪大の中野貴司教授は流石ですね、それに引き換えオミ、いや利権のゴミ爺は死ね!(笑)

専門家が科学的なデータを元に、緊急事態宣言も営業自粛も全く効果がなかったと明言しているのに、PCR検査を爆増して陽性者を増やし、国に緊急事態を迫るヨシムラ。イシン嫌われますよね。保守のフリして売国利権ですか。所詮、吉村なんて金貸し武富士の弁護士(武富士は朝鮮)ですからね。、お里が。。。

ということで大阪府の4月18日までのデータを見てみましょう。凄いです。4月18日のPCR検査件数は7日移動平均で13,700人にまで増えています。
日本全体の1/5強です。大阪ってそんなに人口いましたっけ?あまりに検査数を増やしたので、陽性率が4/10の9.8%が4/18には8.6%にまで下がってしまいました。
メディアは陽性率を無視して、件数だけで騒いでいるので、こんな笑えることになるんですね。
赤線で示す陽性率の推移をみると、
第1期:2020年5月9日までの国籍発表があった時期、54%が外国籍だった。
第2期:特段の事情での入国者急増した2020年7月、8月
第3期:2020年11月からのビジネス旅行者解禁と停止
停止後の2週間で2万人を超える入国者があったことが山尾議員の質問で 明らかになりました。
第4期:今回、大阪だけで顕著なもの。4月と言えば入学シーズン。留学生がいないと経営破綻するクソ大学が関西には一杯ありましたね。
ということが判ります。まあ第1~3期までは東京も同様です。
つまり外国人入れるな!オリンピック止めろ!アビガン早よ!ってことです。

20210418大阪府の武漢肺炎状況.jpg

さて日本全体を見てみたのが次の図です。
オミが言う「第4波」、実はPCR検査数の爆増の第4波が始まっています。
しかし、陽性率の上昇は大阪、東京に比べ僅かです。
外国人は入ってきてはいるが、日本全体としては影響は軽微ということでしょう。陽性率が上がらなきゃ感染は増えていない、しかも変異種が入ってきているのにということでしょう。
変異種は感染力強いぞとメディアは脅していますが、強くないですね。元々日本の感染は欧米の10-30分の1ですし。

20210419PCR検査と陽性者.jpg

ワクチンの効果95%が一人歩きしていますが、600ページを超す報告書を1件ずつ調べた新潟大学医学部名誉教授岡田正彦氏の整理では、新型コロナ感染者治験結果は、
感染者 感染疑い 合計
(中等・重症) PCR非検査
ワクチン群 8人 1,594人 1,602人
プラセボ群 162人 1,816人 1,978人
効果 95% 19%
で、95%というのは、軽症者、無症状者を無視した結果で、通常の効果判定をすると19%でしかないとのことです。日本の20倍の米国が2割下がった、でも尚、日本の16倍ということです。これでも射ちますかねえ?
メディアがワクチンの効果を重症化しないと途中で言い替え出したのはこのためのようです。姑息ですねえ。

p.s.
CDCのVAERSデータの%は、副反応報告があったなかの割合です。
ワクチン接種当たりで見ると、接種者は174,900,000人のようですから、致死率は0.00149%になります、日本人全員に射ったら1,900人が比較的短期間に死亡し、数年以内に何人死ぬかは分からいってことですね。
公平と信頼性確保のための第3者機関のOpen VAERSのデータ更新が止まっています。さすがにこれだけ副作用の報告が相次ぐと拙いということでしょうか。