二階総理待望論!二階は媚中だからダメ?大丈夫です。長持ちしませんから。

わたしの推奨する「二階俊博総理待望論」は、あくまでもコロナのインチキをやめるため、そいつらを一掃して日本経済をスーパー復活させるための「毒薬」です。そりゃぁシナに媚びるでしょうよ。でも大丈夫。長持ちしません。だって黒すぎるもの。その毒をもって半年程度は無理矢理持たせて、もう支持率なんか関係なくガンガンやらせる。大掃除が終わったあと、それでも居直って居座り、まぁ1年くらいやってもらう。復興庁利権、総務省利権は二階派の利権!経産省だって、元々大臣だったんだから多少は強い。観光業界会長だから観光業界も潤う。そのためだけの臨時超強力カンフル剤政権です。二階本人の人柄なんて全く評価しませんが、強引になんかやる腕だけはいまの自民党随一じゃないでしょうか。

小池とかアッサリやられるでしょう。二階にちょいと灸を据えてもらえばいい。弱み握られてますからねババァは。

だから、二階待望論なんです。まずは今の邪魔くさいのを蹴散らして経済を復活させる。「経済の二階」でいいとおもいますね。

二階堂トッドコムは、セカンドフロアもとい#二階首相待望論をこれからも書いていきます。こういうのは実現できるかどうかなんてどうでも良くて、まずは動くことが重要です。

#二階首相がええじゃないか