アプリコ野崎のつまり 逮捕したはいいが【タレコミ】

覚せい剤の入手先が、捜査の焦点か!!

連休前に、このタイミングで、逮捕とは和歌山県警もやるもんだ。

あくまでも噂であるが、覚せい剤の入手先が、野崎の会社のアプリコの役員で、元平沢勝栄の秘書、事務長だった男が、関わっていて、事件発生当時、二階幹事長と平沢が、大阪府警に、聞き合わせのため、表敬訪問を、行ったと言われている。

沖見という男は、後藤組や、全日本同和会、ボクサー、芸能界(周防)など、平沢事務所のダークな部分の窓口を、やっていた。
退職後は、代議士に対する美人局(浅草美人局事件)や、前記の、ダークな部分をネタに、現金600万円を、代議士から脅し取ったとも言われている。

安藤のぼるが、存命なら、この逮捕は絶対になかっただろう。この件は、またの機会に、関連の記事として出す。

中坊公平が、日弁連会長となった当時のように、この国に、正義の司法が、戻ってきたように思う。何故なら逮捕は、和歌山県警だが、本件は、検察庁、警察庁の案件だからである。

また、こうも、考えられる。殺された野崎が、稼いだ先は、そのほとんどが霞が関の役人で、その片棒を担いでいたのが、平沢の秘書の沖見であった。役人をいじめると、脈々と後輩にも情報が、引き継がれ、最後には、完全に刺される。

余談、逮捕された秋元の秘書の、福島は今は何をしてるのかな?沖見と仲良かったよな(笑)