国際情勢ヨタ話!インチキコロナの決定的証拠!

・フランス研究機関が、PCR陽性とされた検体を数週間コロナウィルス培養したところ、真の陽性比率は次の通りだった。

Ct25: 70%(偽陽性率30%)
Ct30: 20%(偽陽性率80%)
Ct35: 3%(偽陽性率97%)

つまり、現在の日本が採用しているCt30~35(以前はCt40~45)だと、実に80%以上の偽陽性が発生し、検査として意味を為さない事が判明した。しかしながら、日本のコロナ対策責任者の尾身茂医師やファイザー製コロナウィルスワクチンを推進する忽那賢志医師は、この件について何も言及せず。どうしてもコロナウィルス騒動が「存在し続けて欲しい」のか?

https://www.j-cia.com/archives/16906