これを読まないと日本のバカな全体主義に流されて損するぞ!国際情勢ヨタ話!!

毎度おなじみヨタ話。今回は読んだ方がいい!いつも読まない方もぜひ!

先ず最初に、日本では「報道しない自由」により殆どの日本人に知られていないが、ヨタ話愛読者の皆様方には真っ先に紹介しておこう。米国で、新型コロナウィルスとそのワクチンのスパイクタンパク質による血管内皮細胞への影響に関する論文が4月30日に発表された。ウィルスそのものは元より、コロナウィルスワクチン、そしてmRNAから誘導されるスパイクタンパク質により、深部静脈血栓症、脳梗塞、肺塞栓、血管炎、動脈瘤破裂、心筋梗塞などの血管に関係する疾患を惹起する可能性を示唆。米国CDCの公式統計では、ワクチン接種開始から半年間で4千人近い死者と2千人以上の深刻な後遺症が発生。既に過去16年間累積分のワクチン接種後死者数を上回った。米国史上、いや、人類史上最も死者の多いワクチンである。

日本では39人前後が接種後48時間以内に死亡したと推測される。旭川市内でコロナウィルスワクチン接種を受けた40代の男性は解離性大動脈瘤破裂で死亡。正に、この論文通りに血管病変での死亡例だ。現時点で日本国内では5万人に1人の極めて高い死亡率となっている。

参照論文(英文、筆頭研究者は支那人、スパイクタンパク質を蛍光染色した写真あり)
https://www.salk.edu/news-release/the-novel-coronavirus-spike-protein-......n-illness/

コロナウィルスそのものとコロナウィルスワクチンにより引き起こされる病態は同じだったという結論だ。この論文通りであれば、コロナウィルスワクチンを接種するという事は、わざわざコロナウィルスそのものの弊害を直接的に受け入れるという事になる。これでは「生ワクチン」と同じではないか。ファイザー製ワクチンを推進するヒゲデブ大医長様の見解を伺いたいものだ。あと、テレビやラジオ番組に出ずっぱりで、いつ医者の仕事をやっているのかも教えて貰いたいものだ。コロナで儲かった人の第一位だろう、あのヒゲデブ大医長様は。

それでは、いつもの国際情勢をどうぞ。(10本)

https://www.j-cia.com/archives/16926