人殺しファイザーワクチンで儲ける輩は始末しなきゃ!どうすんだよワクチン副作用、死人続出じゃん

5月21日の副作用検討部会では、副作用状況が全く論議されず、5月26日に追加の会議が開かれました。「無能の極み」と言われたのが堪えたのか、コメントが少し追加されました
が、根本的な改善はなされていません。評価不能の言い訳を言うのではなく、言い訳しなくて良いように報告内容の改善の指示を出すべきなのです。まあそんな気はないでしょうが。

本日の会議で公表されたワクチン接種後の死亡者は85名となりました。必死に隠しての数字なので、この数字が最小と考えて良いのではと思います。

死亡者の週毎に集計したグラフを添付します。

1次近似式で予測すると年末までに433名が死亡、1年間で580名が死亡することになります。ただ、基礎疾患のない50代以下の人には殆どリスクがない病気のワクチン接種を、16歳以上だった接種基準を12歳以上に変更したり、65歳以下の接種を早めるなど正気の沙汰とは思えない厚生行政により、更に増加することは容易に想像できます。これはあくまでも2週間以内の短期の副作用ですから、予想されているADEなどによる被害は考えるのも恐ろしいレベルでしょう。

ワクチン接種を推奨したり、推進した政治家、役人、医療関係者、メディア人のことはよく覚えておく必要があります。まあ殆ど全員です。政治家は落とさなければなりませんし、メディアは購読したり、視聴してはいけませんし、役人、医療関係者についても有形力の行使をもってでも潰す必要があるでしょうね。ま。あほな日本人は全員死ねばいいですが。