もう政治家にはクソしかいないとしれ

俺は、年寄り、男、ババアとブスは打てといってる笑

かわいいは正義!交通事故で死んだ友達を思い続けてるホモ太郎にはわからないのかもしれないが。ま、どうでもいいこと。言論は自由たれ!河野太郎がらみの馬さん利権、飼料利権をあたれ!結局は利権のおかげで生きてこれたカスボンである。あっ!英語が自慢なんだよね「笑

以下投稿。みんな頑張ってくれ。俺あほ相手にしても金にならんからしない。水間さんに任せる。

題名: 国賊・江の傭兵の息子

メッセージ本文:
お忙しいところ失礼致します。
河野太郎が6月24日、自身のブログで《ワクチンデマについて》というタイトルで、ワクチン関する《デマ》に関していくつかの【極端な】事例を挙げて、【都合よく】掲載しています。
ファイザーの元VICE PRESIDENTのマイケル・イードンのスパイク蛋白による不妊の件も否定しています。
また、『mRNAワクチンは、基礎研究、動物実験、治験が省略されることなく実施され、リスクを上回る臨床的に意味のある有効性が確認されています』としていますが、動物実験は失敗に終わって、そのままになったのでは・・・? 
その他、色々書いてありますが、最後に、『この項は、「こびナビ」の監修をいただいております』とあり、これはいざと言う時に、責任逃れをするつもりでしょうか? 

少なくとも、厚生労働省HPの《新型コロナワクチンの副反応疑い報告について》の《報告された事例と評価について》に掲載されている部分で、ファイザーワクチンによって、6月13日まで277名死亡、6月18日までに追加で79名死亡、ファイザーワクチンだけで合計356名死亡している事実について、河野は触れていませんが・・・
アメリカのCDCでは、心筋炎や心膜炎に関する懸念が報告されていますが、厚労省HPでは、現時点においてワクチンとの因果関係は明らかになっておらず、接種体制に影響を与える重大な懸念は認められない、としていますが、彼らはどのように責任逃れをするのでしょうか・・・