【海外版・副反応】新型コロナワクチン接種後に死亡したという噂の有名人たち

新型コロナワクチンの接種が先進国を中心に世界中で猛スピードで進んでいる。少し出遅れたと言われていた日本でも5月後半から大幅なスピードアップがはかられ、医療関係者はほぼ100%(忌避者は除く)が2回目の接種を完了。高齢者でも今月末には8~9割以上への接種が完了する見込みだという。そうだになる人体実験が政府の号令で進められている。

 

そもそもワクチンというのは軍事技術だ。過去の多くの戦争において、蔓延する感染症からいかに兵員を守り部隊を温存したかが勝負の分かれ目で、けっして火器能力の優劣だけが影響したわけではない現実がある。兵員が密集する大規模組織の中で伝染病が広がる事態を防ぎ、部隊の能力を維持するためのツールの1つがワクチンなのだ。だからこそ基本的に個別副反応には意外に冷淡であり、マクロ視点で効果があれば良しとするのがワクチン業界の真実の顔だ。

 

6月23日付の記事

https://www.j-cia.com/archives/16993

では、多くの情報が集まるメディア関係者の間で囁かれている噂をお伝えした。「実は公表されていないだけで、新型コロナワクチンの副反応でもっと多くの人が死んでいるのではないか?」「公式発表されていないけれど最近死んだあの有名人はワクチン副反応が死因じゃないか?」・・・確実に裏取りができていなかったり、遺族が死因公表をを強く拒むという理由で、まったくニュースとして流すことが出来ない噂が、実はまだまだたくさん存在する。

 

いま、メディア関係者の間で流れている「新型コロナワクチンのせいで死んだのではないか?」と疑われる最新事例を、改めて緊急でお伝えしよう。オフレコの噂ばかりなので内緒で読んで頂きたい。

https://www.j-cia.com/archives/17015