くづなー阪大大教授様に質問があります!

以下投稿

天下の大阪大学医学部大教授であらせられる忽那賢志大先生に質問です!

日々ファイザー製薬コロナワクチンを全日本国民に接種させるべく啓蒙活動を行い、そして日本の医療従事者にはコロナワクチンを強制接種させるべきとの、日本国憲法の基本的人権を無視した稀有壮大な論理を展開されている屑那大先生におかれましては、正に人生の春が訪れたものかと、私如き市井のクズ医者は愚考する次第です。楽しいですか?

さて、ファイザー製薬は「ブースター」と称して3回目の接種を米国保健衛生機関に申請する意向を表明しました。屑那大先生によれば、ファイザー製薬コロナワクチンは完全無欠で新型コロナウィルス感染症制御の「切り札」とまで称されておられました。その完全無欠なはずのワクチンによる抗体が、どうも長くても半年位しか持続せず、3回目の接種が必要だと言うのですが、これは何かの間違いなのでしょうか?しかも、昨年12月から2月にかけてイスラエルや英国でコロナワクチンを2回接種した人達が次々とコロナ感染症に罹っているそうなんですが、これは、天下のファイザー製薬ワクチン以外にアストラゼネカ製ワクチンが混じっているからいけないのでしょうか?心筋炎や米国で9千人以上の接種後死者を出そうとも「利益が副作用の危険性を上回る」とヤフーなどで啓蒙されておられる忽那大先生の御高説を拝聴したいのですが、テレビやラジオの出演に忙しくて難しいでしょうか?

このファイザー製薬の動きに対して、米国CDC副所長が「副反応の危険性を憂慮」するかのような発言がありました。

https://news.yahoo.co.jp/articles/92d52d3ccd1eafbd451fd820a6c4f0a193283b28

完全無欠なファイザー製薬ワクチンに危険性なんかあるのですか?危険性が無いのであれば、3回目の接種なんか全く問題ありせんよね。95%の効果があるというワクチンに、3回目の接種の話自体が不思議ですが、完璧な抗体が半年間も保たないなんて、全くのデマですよね、屑那大先生!

それから屑那大先生、「重症化予防」って何なんでしょうか?何を指標として重症化予防なのでしょうか?重症って、個々人によって大きく異なると思うのですが、そんな邪推はこの高貴なファイザー製薬ワクチンに対して向けるのは不遜でしょうか?発症を抑えるのがワクチンだと思っていました。40%前後の感染予防効果しかないインフルエンザワクチンを売り込む為の決まり文句「重症化予防」が、コロナワクチンにも使われているなんて、日頃の屑那大先生の御高説からは信じ難いですね。これもデマなんでしょうか?製薬会社がいい加減なのですか?

忽那大先生におかれましては、ファイザー製薬ワクチン接種拡大に専心されておられるものかと存じますが、サノフィや塩野義製薬の「タンパク組替ワクチン」などは問題外でしょうか?是非是非御高説を賜りたく存じます。

それにしても、ファイザー製薬ワクチンの抗体が長くて半年しか保たないなんて、日頃の屑那大先生の御高説とは随分と違う気がするのですが、「次」の御高説に期待しております。忽那大先生、いつも心より応援しています!