読者さんから鋭いご指摘。

メッセージ本文:
目前のオリンピックは、不祥事・死人・犯罪者が続出で、
テレビ観戦するだけでも、呪われそうですね。

しかし、政府・東京都・政治家・役人・電通・マスコミ・IOCは
【どうせ~】と思っています。

・どうせ、朝から晩まで五輪のニュースだけにすれば、見るだろう
・どうせ、金メダルが1個出れば、熱狂するだろう
・どうせ、メダリストの家族に取材して、感動秘話を流せば泣くだろう

【どうせ、こいつらは馬鹿だから、周りが騒げば乗せられて、流されてくれるだろう】

この手法が完成したのは、小泉・竹中の郵政総選挙あたりですかね。
あの時にナメられ、ずーっと、舐められ続けてきたわけです。

しかし、思い出してください。
昭和天皇大喪の礼、臨時の休日、一日中、同じ内容のテレビが流れる中、「つまらないから」と皆がツタヤへ走った時のことをです。
マスコミのお仕着せではなく、自分の意志で見るモノを選ぶ行動があったことを。

何となくオリンピックを観るぐらいなら、せっかくの休日、自分の意志で見聞きするものを決めませんか。

サブスクのサービスは様々にあり、オンラインで勉強も趣味の講座も受けられます。
一番役に立つのは、二階堂ドットコムの全部読破することだと思います。

自分の意志で観戦するなら、存分に楽しめばいいでしょう。

とにかく、今回のオリンピックにどう向き合うかは、
自分で考えて、自分の意志で決めて欲しい。
そのような方が、一人でも多くなるのを願っております。