このオッサン極めてまともだな

https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/news/3607609/

デマ太郎をキッチリ分析してダメだと言っている。京大ってのは面白い奴が多くてね、俺も何人か偉いのに仲良しがいる。

河野氏について藤井氏は「悪夢。緊縮主義者で改革主義者だから。日本は潰れていくと確信している。総理にならない方がいい」とバッサリ。その理由について3点挙げた。

 1つは「プライマリーバランス黒字化」と公言していること。藤井氏は「簡単に言ってしまえば、消費増税。さらにいうと補正予算カット。インフラ投資、防衛投資、科学技術投資も全部やめましょう、と。消費増税やるなら軽減税率を拡大すべきだが、これについても大反対。この人が総理になったら、コロナ禍が収まることも、防災力が高まることも、不況が終わることもない」と断言する。

 2つ目は過激な改革論者であること。藤井氏は「河野太郎は移民超推進論者。50年後に人口1億人切る。(人口)維持するなら、移民政策抜きにはできないって言ってる。できるわッ! 何言うとるんだ。頭のなかで緊縮だからデフレ脱却できない、だから移民入れるしかないという考え。欧米が移民によってどれだけ苦しんでいるか。わかっているはずなのに河野さんはそれを推進する。考えられない。日本の仕組みを軽視している」と切り捨てた。

 さらにこんな情報も。民主党政権下では蓮舫氏の「2位ではダメなんですか?」発言に代表される事業仕分けが不評だったが、藤井氏によると「あれを最初に言って教えたのは河野太郎だって(自分で)自慢している。仲間の議員がそう言ってる。事業仕分けって緊縮と改革の権化。行政呼びつけてカットしていくんだから。それを作ったのは河野さん」という。

 3つ目は「平然とデマを吐く」こと。藤井氏は「緊縮主義は国をダメにする。『国のためにいいでんすよ~』と言うしかないから必然的にウソをつく」と分析した上で、河野氏は「ものすごいウソをついている」という。

「河野さん、ワクチン担当じゃないですか。ワクチンみんなに打たせたいんですよ。だから『ワクチン危ないぞ』というのは全部デマ扱い。でも私の知り合いのワクチン推進論者が言ってましたよ。『絶対安全だっていうのもデマ』だと。それなのに河野さんは平然と『絶対安全だ』という。ワクチンで死ぬことあるのは当然。因果関係が特定できてないだけで、無関係とは言っていない」