この世のウイルスだのなんだのの専門家ってのは全部インチキだった。ハゲデブやヒゲデブはどうした?

二階堂さん、

こんにちわ。
マスゴミが報じないだけで、欧州そしてアメリカではワクチンとパスポートへの大規模デモが起きています。そして「ワクチンが足りない」と言いつつ、世界の国々は途上国へ何百万ショットも寄付したり、結局下民どもが打ち終わった後、賢明な人々はワクチンを避けている状況がわかりますね。
さて、アメリカで面白い記事を見つけました。
デレク・ナウス博士
「コロナなんて存在しません。実際の病気はインフルエンザ『A』『B』です」
南カルフォルニアの臨床検査室のナウス博士は陽性とされる1500のサンプルを取り寄せ、研究チームで解析を行いました。しかし実際、コロナらしきものは皆無でほとんどすべてがインフルエンザA、残りの一部がBという結果となりました。研究チームは更に残ったサンプルをスタンフォード、コーネル、カルフォルニア大学など計7大学に送付し、同様の解析を行いましたが、結果は変わらずインフルエンザAとBのみが発見されました。
そのため彼女は次にアメリカのCDC(アメリカ疾病予防管理センター)に実行可能なCOVIDのサンプル提供を求めましたが、CDCは「サンプルが存在しないため提供できない」と回答したため、博士は上記の7大学のラボチームとともにCDCへ「COVIDは詐欺」として訴えています。
博士の主張は、結局のところ世界のいかなる保健機関、ラボも未だに「コロナウイルスの存在」を証明できておらず、通常ウイルスが3万から4万の塩基配列なのに対して「37-40の塩基配列」を解析した論文しかなく、それをコロナウイルスと言っているとのこと。結局はウイルスを抽出したといっているラボも、完全に分離して精製できたケースは皆無で、「ウイルスを発見できた人はひとりもいない」というのが現状です。
そのため存在しないことをいいことに「コロナ」と叫んでいますが、実際は皆「インフルエンザAかBに感染した後、免疫が低下することから持病持ちが心臓疾患、がん、糖尿病、肺気腫などで死んでいるだけ」と結論付けています。じゃあ一体あのワクチンはなんなんでしょう?(笑)
まあ、考えてみればそうですね。前に二階堂さんもおっしゃってましたがPCRはインフルエンザABだけでなく、クラミジアやマイコプラズマ肺炎でも陽性が出ます。
恐らく下民どもも、馬鹿じゃない限り薄々気付いている頃です。でもまぁ、打っちゃったから今更後悔することもできず、尾身大先生の緊急事態にマンセーするのでしょうね。
ではでは。