読者さんより翻訳のためのクラウド支援のお願い

プロパガンダ戦の古典の翻訳にクラウドファンディングでご支援を!

小生は文筆を生業とするものでございます。現在1冊の翻訳書に取り組んでおります。その内容は第一次世界大戦末期に、英国がドイツに向けて仕掛けたプロパガンダ戦の記録です。書名を「クルーハウスの秘密・The Secrets of Crewe House」といい、そのプロパガンダ・チームの副官だったキャンベル・スチュアート氏によるものです。

 この本は、作家・元外務省主任分析官の佐藤優氏が高く評価するプロパガンダ戦の古典で、「『クルーハウスの秘密』には、ヒュミント(人間を用いたインテリジェンス活動)に関する興味深いエピソードが多く記されている。(中略)あらたに日本語に翻訳されれば、ロングセラーとなり、わがインテリジェンスの水準を底上げすることになると思う。」と、「プロパガンダ戦史」池田眞徳著(中公文庫)のあとがきの中で書いておられます。

 敵対する近隣諸国より、日本国に向けた数々のプロパガンダ戦、情報戦、思想戦は、まさにずっと戦時中のままである、と小生は認識しております。実際に銃火を交える戦闘こそありませんが、それだけに熾烈な情報戦、思想戦、プロパガンダ戦の最中であることは、疑いがありません。

 そのような状況下で、このような歴史的古典の翻訳に取り組めることは、文筆業としては、まことにありがたいことです。しかし、志ある本の翻訳出版を巡る環境はけっして恵まれたものではございません。そのような状況をはねのけるべく、現在クラウドファンディングにてご支援をお願いしております。

 さらに詳細な内容は、こちらのサイトにございます。

https://motion-gallery.net/projects/crewehouse1920

 まことに身勝手なお願いでございますが、なにとぞよろしくお願いいたします。