いつも人気の国際情勢ヨタ話はこちらをクリック!!!

ペンタゴン、ウクライナ周辺の監視を強化。一触即発な状況とも言える。
前置きなしですぐ行きます。今日も重要な情報がたくさん!

・今後暫くの展開予測

ロシアとウクライナの緊張はおそらく寸止めされるだろうが、欧州連合EUが被る被害は大きくなるだろう。ロシアは間違いなくEUへの天然ガス供給量を絞る。今後、無意味な地球温暖化対策により燃料不足のEUは経済成長出来ず、ロシアの供給量調整により更に停電と寒い冬を過ごす事を余儀なくされる。地球温暖化対策を絶叫する北欧の自閉症女へ恨みは増すだろう。それを演出するスイス・オクタゴンへの恨みも増し、5月のフランス大統領選挙でマクロン落選というお楽しみも待ち受けているかもしれない。国民戦線代表ルペン女史の奮闘に期待するものである。

https://www.j-cia.com/archives/17351