まずアガリクス。そしてプラセンタ。もちろん他の商品もオススメ。そして2月はimbの月。

さぁ今から4日間ドローン飛ばしているので、まずはみんなはウチの更新を見るよりもimbのサイトで3ヶ月続けられそうなサプリを選んでみてはいかがか。誰だったっけ?ウコンの出番がミラグレーンより効くといってた人は。そりゃすごい。ウコンの出番で白髪が減ったというのにも驚いたなぁ(男性陣必見)。インド人ってそういえば髪黒いのかね?

まぁいいや、今回もセールやってるからバナーをクリック。

ーーーーーーーーーーーーーーーー

<imb岩田さんより>いつも大変お世話になり心から御礼申し上げます。北は北海道から南は沖縄まで、まさに日本全国を駆け巡ってご活躍の姿に頭が下がる思いです。

さて、寒さはまだまだ厳しいものの、暦の上では明後日、2月3日は「節分」です。鬼(邪気)を追い払い、福を呼び込むという伝統的な行事ですね。

さながら現代の邪気は新型コロナウイルスが当てはまりそうですが、人間に潜む邪気はもっと怖いもの。本来の「魔滅(まめつ)」から転じた「豆まき」は自身の内観を高め、心を清める意味を持つのではないかと思います。

翌4日には「立春」を迎え季節のバトンタッチ。

風の冷たさを感じながらも、差し込むやわらかな日ざしのなかで、一輪、一輪と梅が開花し始めます。別名「春告草(はるつげぐさ)」とも呼ばれ、春の訪れを告げる代表的な花です。

 

そして、今月17日には「祈年祭(きねんさい)」が執り行われます。祈年祭とは、春に農耕作をはじめるにあたってその年の五穀豊穣を祈るお祭りで、「としごいのまつり」とも呼ばれています。

農耕民族だった私たちの祖先は、「春植えざれば秋実らず」が身に染みついていたのでしょう。何事もやらなければ、実るものはありません。

しかし、懸命に努力をしても、森羅万象の動きのように人智の及ばない力には、なすすべもなく、「祈り」が人間にとって心の支えとなっているのもひとつの事実です。

 

弊社アイ・エム・ビー株式会社は、この祈年祭に際し、天地神明の御恵みに感謝するとともに、五穀豊穣、国家の弥栄、産業の復興と発展、万民豊楽の祈りを捧げたいと思います。

☆公益財団法人 日本健康・栄養食品協会会員の弊社アイ・エム・ビーでは、2月1日(火)から2月28日(月)までの期間、【令和四年 祈年祭】をテーマに、みなさまの健康づくりをサポートして参ります。

 

また、緊急発売の【新型コロナウイルス抗原検査キット ペン型デバイス】が現在、流行の中心となっているオミクロン株に理論上、対応することを確認しております。

本製品は感染の有無を判断するためのものではなく、唾液中に新型コロナウイルスが存在するかどうかを調べる「研究用」ですが、ご興味のある方にはぜひお勧めいたします。

二階堂様におかれましてはご多忙のところ誠に恐れ入りますが、よろしくご案内のほどお願い申し上げます。

岩田眞人 拝