【黒いウクライナ・前編】ウクライナのユダヤ系支配階級とネオナチの微妙な影

ロシアとウクライナの戦争は沈静化する様子が見られない(3月11日現在)。ロシアからの侵攻を受けて甚大な被害を受けているウクライナに世界中から同情が集まり、様々な形での支援の輪が広がっている。しかしあなたは疑問に思ったことはないだろうか。
「ウクライナ政府はロシアの攻撃前に妥協できなかったのか?」
「ゼレンスキー政権はなぜ直前まであれほど強気だったのか?」

世界のメディアがタブー視して正面から報道することを放棄している、ウクライナとユダヤ人の歪んだ関係、さらにそこから生じる米国との異常な関係など、“被害者”ウクライナの隠された真実を【前編・中編・後編】の3回の連載でお伝えする。ロシアによる他国侵略行為は絶対にも認めるべきではないという大前提を維持しつつ、プーチン大統領を異常とも思える拙速な軍事行動に走らせた裏事情に詳しい関係者に解説してもらおう。

先にご忠告しておくが、この記事の内容を無警戒にSNS等で発信すると、予想もしない筋から猛攻撃を受けてしまう場合がある。くれぐれもお読み頂いた後の情報の扱いにはご注意頂きたい。

www.j-cia.com/archives/17433