【総力特集!黒いウクライナ・後編】ウクライナ戦争でイスラエルとユダヤ人脈に莫大利益~仲介者のメリットとは・・・

この記事は以下2つの記事の続きになる。
【黒いウクライナ・前編】ウクライナのユダヤ系支配階級とネオナチの微妙な影」
( https://www.j-cia.com/archives/17433 )
【特別報道!黒いウクライナ闇・中編】自己保身ゼレンスキーのロシア挑発と兵器開発~新型コロナ開発の噂も・・・」
( https://www.j-cia.com/archives/17437 )
今回が連載最終回(後編)になるが、記事内容の理解度を深めるため、上記の「前編」「中編」を先に読んで頂くことを強くお奨めする。

前編では現在のウクライナを牛耳るユダヤ人脈について、中編では武器商人としての顔を持つウクライナのダークサイドについてお伝えした。今回はロシアとウクライナの停戦交渉を裏で仕切っているのが誰なのかを当サイト読者の皆さんだけにお伝えしようと思う。

ウクライナに対するロシア軍の侵攻について、実際には報道発表されていない水面下のチャンネルで、何度も両国の間では停戦交渉が行われている。この事実は情報通がそろっている当サイト読者の皆さんであれば既にご承知頂いていることだろう。イスラエルのベネット首相やトルコのエルドアン大統領などが訂正交渉仲介に名乗りを上げているが、そもそも戦争状態のロシアとウクライナが連絡を取り合う仲介者となっているのは誰なのだろうか?停戦はいつになり、最終的な落としどころはどうなるのだろうか?当サイト渾身の取材による予想も含め、以下では大手メディアが“大人の事情で”書けない内容をお伝えしよう。

https://www.j-cia.com/archives/17440