連休でも関係なく!国際情勢ヨタ話!!!読まなきゃ損するすぐ読んで!

予想通りと言うか、ザマアミロと言うべきか、ニッポン低国全体で帯状疱疹、若い世代に急性循環器疾患や血管病変、そして過剰な「感染予防ごっこ」による鬱症状が増えている。未知のmRNAワクチンを、調べる事もなく飛び付いた報いだ。「会社が打たせた。」と言い訳する向きもあるだろうが、それを断れない己の立場を恨むしかないだろう。このニッポン低国では、何もかもが利権と同調圧力だ。特に同調圧力は、必ず意味の無い方向に向かう。太平洋戦争中の竹槍訓練とか、「志願」と言う名の特別攻撃隊への強制などだ。「自粛を要請」に至っては日本語ですらない。自粛とは自ら判断するもので、要請される物ではない。「自粛」すら同調圧力によって行われる。

ウクライナ戦争報道でも、ほぼインチキコロナ騒動と同じ傾向だ。駅にロシア語キリル文字の表示はけしからんとか、想像を絶するバカだ。戦時中の「敵性語禁止」とか言って、英語を禁止した事と変わらない低脳ぶりだ。また、ロシアとの経済関係はウクライナより遥かに大きいのに、わざわざそれを壊そうとする。しかも、思考能力が欠如した下民達は、それを行う無能総理を支持している。上から下までバカしか居ない。絶望的なバカさ加減だ。

更に悪い事に、マスク真理教は小学生にも拡大し、小学生のマスク警察まで現れる異常事態だ。何もかもが狂っている。ワクチン兇徒はいずれその副作用で死ぬだろうが、問題はマスク真理教徒だ。子供にまで拡大しているので、今後マスクが定着する可能性がある。呼吸機能の低下が深刻化して行くだろう。

考えてみれば、今の小学生達を「指導」している教師達の主力は、バカが大量発生した「ゆとり教育世代」ではなかろうか?そうなれば、

https://www.j-cia.com/archives/17519