【テレビでは絶対言えない言葉】複数専門家が揃って断言「プーチンは皆さんが思うほど馬鹿じゃないです」

今年2月に始まったロシア軍によるウクライナ侵攻。ロシア軍の拙劣な戦略や、米国を中心とした西側諸国によるウクライナへの軍備と資金の供与によって、ロシア軍は押し戻されていると報道されている。日本国内の多くの報道は欧米の報道を基にした情報が軸になっている。逆にロシア国内での報道について「真実を伝えていない」という論調で批判している。

「ロシア軍の統制がとれていない」「ロシアには資金的余裕がない」「プーチンが大きな判断ミスをした」「プーチンが不信感から幹部粛清をしている」「ロシア軍によるクーデターの可能性がある」「プーチンは不治の病を患っている」「プーチンは加齢による認知症が始まっている」・・・欧米の報道と日本国内の報道でロシアのネガティブ情報が大量に垂れ流されている。さらにロシアのプーチン大統領について「国際法違反の極悪人」という論調で人格批判を繰り返している。戦時中のプロパガンダは常識なのだが、プーチン批判報道を信じていいのだろうか?

当サイトはロシア外交に詳しい外務省OBと、ロシア軍事情報に通じている自衛隊幹部OBに完全匿名を条件に本音で語ってもらうことに成功した。普段ニュースで耳にする話とは真逆のプーチン情報をどうかお読み頂きたい。

www.j-cia.com/archives/17547