今月も買おう!プラセンタ推しで、今月もimb。

実は昨日からずっと寝ていた。いや、一昨日の夜からか。何の薬も飲んでないのにひたすら眠い。今も眠いがどうにもならないので起きた次第。夢をすごく見るのだが、どれもこれもハッキリしており平行世界の記憶ではないかとも見紛う登場人物ぶりだ。アガリクスとプラセンタと水とゼリーで生きている二階堂です。まぁ多分甲状腺が今度は通常値から下に下がっていふだけなんだろうが。まぁ焦らず治していく。弱音を吐きながらも立て直していく。立て直しの気力を得るにはまず体力。imbサプリが強い力となることはまちがいない。

 

以下岩田さんより。

 

 

———————-

いつもお世話になり心から御礼申し上げます。

11月は3日「文化の日」と23日「勤労感謝の日」という二つの祝日があります。
「文化の日」は、1948年(昭和23年7月20日)に公布・施行された『国民の祝日に関する法律』において、「自由と平和を愛し、文化をすすめる」という趣旨で定められました。また11月3日という日は、わが国の新憲法が公布された日でもあります。※1
※1:1946年(昭和21年)11月3日

「自由と平和を愛し、文化をすすめる」。
短いこの一文に含まれている言葉は、「自由」、「平和」、「愛」そして「文化」。
いずれも日常で使う単語ですが、その真意を理解するのは、とても難しく、生涯を通じて追究していくもののように思われます。

「勤労感謝の日」も同じ年に公布・施行され、『勤労をたつとび、生産を祝い、国民たがいに感謝しあう』という趣旨で祝日に定められました。

戦前は、『新嘗祭(にいなめさい、しんじょうさい)』と呼ばれ、五穀豊穣を祝い、天皇が天神地祇に新穀を捧げる日でした。この行事の歴史は古く、飛鳥時代(6世紀の終わりから8世紀初頭)に行われたと言われています。まさに、わが国が、「豊葦原千五百秋瑞穂国(とよあしはらのちいほあきのみずほのくに)」と呼ばれていた由縁でしょう。※2
※2:日本書紀

もちろん現代では、肉体的な労働ばかりではなく、物質面、精神面の生産を含めて、広範な生活活動を「勤労」と理解されています。

戦後、奇跡的な復興を遂げた日本。コンビニや書店に行けば、昭和30年代の高度成長期を懐かしむ本がたくさん出ています。当時は「集団就職時代」と言われ、全国から都会に出て、苦学しながらも向学心に燃える若者が少なくありませんでした。

坂本九さんの歌によって大ヒットし今も歌い継がれている『見上げてごらん夜の星を』。
作詞者の永六輔さんと作曲者のいずみたくさんは、日中に仕事をして夕方から夜学に通う定時制高校生を励ます思いを込め、同名ミュージカルをつくりました。そのとき、二人とも出来上がるまでは、「他の仕事は全部やめること!」と約束して臨んだそうです。※3
※3:「体験的音楽論」(いずみたく著)大月書店

「文化の日」と「勤労感謝の日」。
先達に負けぬよう私たちも夢と希望を持って、より良い社会を築きたいと思います。

----------------------------------------
☆公益財団法人 日本健康・栄養食品協会会員の弊社アイ・エム・ビーでは、11月1日
(火)から11月30日(水)までの期間、日頃のご愛顧に感謝の気持ちを込めて、【実りの秋 大感謝祭】を開催いたします。

免疫機能の維持向上が期待される【アガリクス100】【醗酵アガリクス】【きのこ工房の霊芝】をはじめ、腸内環境を整える【乳酸菌&ビフィズス菌】、美的ダイエットをサポートする【きのこキトサンダイエットSSS】、消費者庁届出受理の機能性表示食品【オメガ-3(DHA&EPA)】【瞳の友】、そのほか、さまざまな健康栄養食品、健康グッズをご奉仕価格でご提供!

二階堂様におかれましては日々、ご多忙のところ誠に恐れ入りますがよろしくご案内のほどお願い申し上げます。
岩田眞人 拝