インチキ大好き!北海道庁

題名: 北海道庁の悪政について

メッセージ本文:
 2020年に鈴木知事が緊急事態宣言をした際に道庁職員の出勤抑制を行うことを併せて発表しました。
 忖度大好きな幹部職員は、出勤抑制率を達成させるために、本庁職員が通常出勤しているのにも関わらず、1時間ないし1日有給休暇を取得申請させました。改ざんされてなければ、当時の本庁職員のPCログ記録と休暇処理簿を突合すれば実態が分かるはずです。
 言い逃れとして、PCの電源を落とさないまま帰宅した、休暇申請したにも関わらず職員が自発的に職場に残っていたと言うでしょうけど。
 道庁自治労も、正面玄関で赤旗立てて演説してる暇があれば、そういう時に全面抗議するべきなのに、自分達の組合活動費が懐に入ってればそれでいいのでしょう。
 道庁スルーという言葉があるように、市町村が国と話したいときに道庁が絡むと余計話がややこしくなるので、さっさと潰れてほしいです。