某副理事長さん、やっぱりそうなん???(@_@)

2015/12/09

言い忘れました。先日、S大出身の某医療関係幹部職員がいっていました。

「私がゆっくりとした時間が作れています」(I田大先生のご容態はなんぼのもんぞ?との問いに対しての返答)

↑と、先ほどまで飲んでいた某団体の某副理事長(副会長だっけ?)にあえてここで聞いてみる(笑)。

----------------------------------------

以下私信・・・

*それにしても、先ほどの”組合”の件。「ヒトラーを気取る人物が東の席に座った」件など諸々について情報をいただき恐縮恐縮。いやはや、アムネスティが聞いたら騒ぎそうじゃないですか(笑)。情報をもらっといて何ですが、ネタ元が「やっぱり大ちゃんと出身が同じ」ってのが笑いました。そういうところでつながるんですなぁ半島同士。まぁ、名字に「河」ってついたら疑うんだけど、やっぱりねぇ。

どこにでもスパイ持ってるというのはさすがにカネと組織力のなせる技。さすがに俺にはそこまでの余裕はない。しかも、それを俺に教えるって事は、そのスパイを切るってことでしょう。いやはやなんというか、スパイの切りどきもよくわかっておられるようで・・・しかし、あんなところに草をいれといてもしょうがないだろうに、それでも「全部張る」ってのはすごいね。まさか精神病患者の長野だかなんだかの家まで知っているとは。おそるべき学会情報網。。。。。

そういえば、首相官邸で「テロ情報収集ユニット」だかなんだかを立ち上げたらしいけど、学会の情報網の方がすごそうだねぇ。「無償で」「自ら」「生情報を」提供してくれる奴らがいる組織ってのは強いですわな。