「オトメンだけど、乙女じゃない」

われながらまぁ、よくつまらない事を考えるもんだ、と思う。

だがしかし、事実は事実なのである。でもこういうつまらないキャッチコピーらしきモノは疲れているときこそ思いついたりする。「平時」ではなく「有事」のとき、わかりやすく言えば「忙しいときほど仕事は多くなり早くできるが、暇なときほど仕事は減り、さらに遅い」のようなものだ。余計わかりにくくなったような気がするが、まぁいいや。

表題の話。実はここ数日忙しくしていたのだが、なぜか大洗海岸にいたり、もう不可能だと思っていた「3徹(正確に言うと3日間で2時間20分しかねていない」ができたりしていた。もちろん清原じゃないのでシャブを打っているわけではない(ただし私の場合ヒロポンは許可で使える)のだが、「緊急事態モード」になると、2011年の地震の時もそうだが、なぜか勝手に起きているのだ。車の運転もボケッとしたときよりしゃっきりしているし(でもなぜか大洗にいたりしたけど)、すごいもんだ。

で、疲れ切って帰りたかったのだが、カラオケに行きたいという奴がいた。仕方がないのでガルパン(カチューシャ)やらClariSを歌っていた。女性の歌う曲なのでキーは高いのだがキーを落とすと音が取れなくなってしまうのでワンオクターブ下げて歌っていた。気づいたら14曲も歌っていた。

私とカラオケに行ったことがある人はわかると思うが、村下孝蔵など歌わせるとなかなかうまいのだが、だいたい女性アニメ系ソングを歌うとめちゃくちゃになる。いつもは「場の雰囲気」とか「サービス」を考えるのでそういうのもいれるのだが、先日はそういうことを一切考えなくていい相手だったので、ずっとClariS、うち一曲ガルパンという無謀な選曲。おかげで声が出ないのだが、いまから二階堂放送協会の収録があるので早くのどを治さなくてはならない。困った。。。

と、思っていたときに「オトメンだけど乙女じゃない」って浮かんだ。俺は根暗な上に内気で女の子みたいにいつまでもウジウジしているという、皆さんが想像だにつかない本性を持っているのでおもいついたかもしれない。

・・・ははは。ここまでまじめに読んだ方には申し訳ないが、これはどうでもいい更新なのである。間違っても「つぶれた平和相互銀行がらみで馬毛島を買った立石建設は、島自体は当時の価格で5億1000万円くらいで買って、少し金借りて開発したら借金が膨らんで30億超えてきたので、どうにか国に買い取らせるように色々使って動いているけど、もうあきらめて破産しなさい。国に寄贈するのが業を落とす手段だよジイサン」という更新ではないのである。

オトメンだけど乙女じゃない二階堂としては、そこを30億で買い取ってもいいと思っているが、まぁ、売らないだろう。