身内ががんになりまして。

「ツレがウツになりまして」とかいう映画だか漫画があったと思うが、まぁ身内の高齢者ががんなのである。別に書く必要もないのだが、なぜかうちの読者は医師の方がものすごく多いので書きおく。もしかしたらここをみている先生のところに行くことになるかも?

細かいことを書くのは避けるが、患者は、食道がんに中咽頭がん、ステージ4a。
苦しくて気管切開がそろそろ必要な状態で、痛みもあるという。ところが本人が「放射線当てて小さくなったらチョイチョイと切れば平気なガンだと思ってる」からタチが悪い。告知してないから仕方ないが。

診療情報提供書その他検査結果を俺がみたんだが、年を越せるかも微妙だ。
それよりも何よりも今の病院が悪い。放置、というか珍しいタイプのガンなんで、てめえたちの論文発表の材料にしようとしてるのがミエミエなのだ。だからなんの治療もしない。

ということでこちらにお鉢が回ってきた。「他の病院を探せ」という依頼。

すごい人にお願いしているので、おそらくすごいいい医師と医療機器のあるところに決まるだろう。
ベッド待ちがあれば一時的に緩和ケアを別病院でやって、そこをベースキャンプにしてそのあと再転院という手もある。短く見積もって余命3ヶ月なんだが、まぁ、間違って長生きしたらおめでとうというところだ。五年生存率が消費税率と同じかそれより低いんだから。

若いなら、つくばだかスプリング8だとかあるが、まぁ年齢的にも高いのでそこまではいらんだろう。カネも高いし。

とはいえ、今いる病院がクソでどうしようもないので、手配をお願いしているところで、関係ご一同には感謝である。

医師の方なら、私がどの病院を手配してるかピンとくると思う。手配は同時に複数していて早いところに移転するのだが(呼吸がキツイためそろそろ気管切開必要なため)、それに加えて耳鼻科と食道外科と緩和ケアと麻酔科が充実してるとこで信用できるとかなんてそんなにないから大変。

しかも患者が九州で、東京に輸送しなきゃならない。時間が全くない。いやはや困ったもんだ。