サンマも高いし、imbのオメガ3で補給しよう!

ここ数日、風邪やら何やらで皆様にはご心配をおかけしました。風邪なんかよりも「冬眠」のような「寝るしかない」状態、特発性過眠症のような状態が一番キツかったのですが・・・症状が終わったと思いきやまだ眠い。いやはや、こういうどうしようもない病気にかかるのも私の業なのでしょうな。読者の皆様、健康で楽しく人生を生きましょう!

というわけでimbの岩田さんからメールが届いていたのだがすっかりみるのが遅くなってしまった。

---------------------------------

<imb岩田さんより>いつもお世話になり、心から感謝を申し上げます<(_ _)>

「秋刀魚」と書いて、「サンマ」と読むのはみなさまご承知のとおりです。秋の味覚を代表する魚で、我々庶民にとっては、比較的安価で美味しい重宝な食材ですね。

四方を海に囲まれた日本は国民一人あたりの魚介類消費量が長年にわたって世界トップクラスだったのですが、平成13年度の40.2kgをピークに年々減少し、平成27年度には25.8kgにまで減ったことが分かりました。※1

G20参加国のなかでは1位を維持しているものの、国別では5位付近とみられます。

※1 水産庁 平成28年度 水産白書

http://www.jfa.maff.go.jp/j/kikaku/wpaper/H28/index.html

一方、このたび発表された調査結果は、大変興味深いものです。

【魚介類食べると、うつ病リスク減…青魚に多い「オメガ3系脂肪酸」効果か】

https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20170927-OYTET50007/

『魚介類を多く食べる人はうつ病を発症するリスクが下がるとする調査結果を、国立がん研究センターなどがまとめた。』

『青魚に多い成分のオメガ3系脂肪酸に抗うつ効果があるとみている。』

『調査は、1990年に長野県の佐久保健所管内に住んでいた40~59歳の約1万2000人のうち、2014~15年に実施した「こころの検診」を受けた1181人(95人がうつ病と診断)の食事について調べた。』

『魚介類(加工品も含め19種類)の1日の摂取量で4グループに分けると、最も少ないグループ(約57グラム)に比べ、それより多い3グループでうつ病にかかるリスクが低い傾向が見られた。最もリスクが低いのは摂取量が2番目に多いグループ(約111グラム)で、最少のグループに比べリスクが56%低かった。』

(読売新聞 2017年9月27日)


また、消費者庁は2012年5月25日、健康食品に使用される11成分の科学的根拠を検証した「食品の機能性評価モデル事業」の結果を公表。そのなかで『オメガ-3系脂肪酸』も取り上げられ、つぎのような評価が与えられました。

[機能性について明確で十分な根拠がある]

・心血管疾患リスク低減

・血中中性脂肪低下作用・関節リウマチ症状緩和

 

[機能性について肯定的な根拠がある]

・乳児の成育、行動・視覚発達補助

 

[機能性について示唆的な根拠がある]

・血圧改善作用

・うつ症状の緩和と発生率低下

 

今回の疫学調査は、「うつ症状の緩和と発生率低下」を裏付けるような結果ですが、ほかにもさまざまな有用性があるのは、上記の評価で示されているとおりです。

さて、そのようなわけで本日のオススメは、大好評の【オメガ-3(DHA&EPA)】です。

魚介類の摂取によりオメガ-3系脂肪酸の効果が期待されるのであれば、それを高濃度抽出し、酸化・変性を防ぎ吸収率を高めた【オメガ-3(DHA&EPA)】を利用しない手はありません。

かつて、厚生労働省は、オメガ-3系脂肪酸の摂取量として一日に1gを推奨してきました。しかし、オメガ-3系脂肪酸の効果が次々に解明されることに伴い、同省が新たに発表した「日本人の食事摂取基準 2015年版」によれば、オメガ-3系脂肪酸の摂取推奨量は一日に2g。

魚介類の消費量が減っている現在、オメガ-3系脂肪酸の有効性を実感するには通常の食事では不足ぎみです。

アイ・エム・ビーの【オメガ-3(DHA&EPA)】を一日目安量6粒飲用することにより、「DHA(ドコサヘキサエン酸)」が450mg、「EPA(エイコサペンタエン酸)」が110mg摂取できます。さらに、今、注目を集めている「DPA(ドコサペンタエン酸)※2」も24mg含有していますので、オメガ-3系脂肪酸を業界最高水準の約600mg摂取することが可能です。

 

※2 DPA(ドコサペンタエン酸)とは、EPAからDHAに変換される途中の中間物質です。いずれの長所も持ち合わせており、なかでも血管修復や血液の流れを良くする働きにおいては「EPA」のなんと10倍以上とも言われています。

原料のマグロ魚油は、世界初の特許(特許第4739297号)、「真空・低温ハイブリッド製法」で天然ビタミン等の有用成分を損なうことなく抽出。

そのため、酸化防止剤などを一切添加していません。最高品質を目指したアイ・エム・ビーの【オメガ-3(DHA&EPA)】。

ぜひ、その優れたパワーをお確かめください。

 

二階堂様におかれましては、大変ご多忙のところ恐れ入りますが、よろしくご紹介のほどお願い申し上げます。

岩田 眞人 拝