二階堂ドットコムとは

「名も無く、地位無く、姿無し。されど、この世を照らす光あらば、この世を切る影もあると知れ。(影の軍団より)」

「nikaidou.com」は、2000年2月に「正義の星」というサイト名でインターネット上に誕生しました。(本格情報サイトとしてのスタートは2001年)

当初は「二階堂豹介」1名による個人的な趣味の日記でしたが、ご愛顧いただいた皆様のおかげをもちまして、2004年7月に、「nikaidou.com」という団体としてサイト運営を行うこととなりました。既存マスコミには扱いにくい情報を扱うスタンスが好評を得て、スタンスに共感した各業界の強力なサポートメンバーの助言を受けて運営をしてまいりました。

2006年3月1日には、メンバーが分かれJ-CIA(http://www.j-cia.com/)という発展系サイトをオープン。情報系はそちらに移管。メンバーも二階堂豹介以外の全員が移りました。2009年には、新たな情報担当メンバーを数名加え(一部J-CIA兼任)、情報の充実と、企業コンサルティング、各種ロビイング業務を本格スタートさせました。(2017年末時点で法人30社)

当サイトでは、「差別」という名で言葉狩りをすることはしません。現代の日本におけるシナや半島勢力の侵食を憂慮し、国益を重視する上では、「極右的な言論活動」をすべきだと考えております。ですから、日教組教育を受けた人間や朝日新聞等の左翼勢力等から見れば「nikaidou.comは差別主義!」などといわれます。ですが、せいぜいそれくらいしか言われません。

現在の日本人は、戦後のいわゆる朝鮮人礼賛日本土下座教育を受けてきました。これはまったく持って情けない限りですが、これを短時間に  「日本人が安心して老後を送れる日本」  「捏造、嘘ばかりの『戦後の常識』を覆し、本当の歴史を知る日本人」  に変えるには、表現はきわめて強烈にすべきだと考えています。つまり、1mのものさしがあるとすれば、今の日本はほぼ一番左。2cmくらいのところに立っています。日本人のための国にするためには、真ん中よりやや右、つまり68cmくらいがバランスが取れていいでしょう。しかし、68cmのところに立って「本当はここなんだよ」といっても、幕の内弁当好きの日本人のことですから、左から30cmくらいのところまでしか来ません。

当サイトは、ものさしの一番右、1mの言論、意見を掲載します。そうすると一番望ましい「ものさしの68cmくらい」に日本人が来るのではないかと思っているからです。

シナ人、朝鮮人に関しては、なぜシナや朝鮮という言葉が差別なのかわかりません。誰が決めたのですかね。世界中どこの国でも「中国系スペイン人」という民族の区別をしています。むしろ他民族にも帰化をすれば日本人とまるっきり同じにみなすという日本が優しすぎたため、いろいろ付けこまれた訳です。

「差別」という言葉でしか攻撃できないいわゆる「知的」な方々は、当サイトの行間を読むのは無理でしょう。また、一般向けに書いていない日が多いため、当サイトをお読みになる皆さんも、「これは嘘かな?」「誰に向けていっているのかな?」などと考えると面白いかもしれません。記事の内容を疑うのも大いに結構。疑問を持って物事を観察すれば、大手マスコミの嘘も見抜けるようになります。

ちなみに、一般向けではないというのは、マスコミを向いているのでも特定の勢力を向いているということでもありません。あくまで「誰にでもわかる書き方をしない時もある」という意味の「一般的でない」です。向く方向はその時々、当サイトの判断によっていろいろ変化します。また、「ジャーナリズムがどうのこうの」などというメンドクサイことも言いません。

真実は大手マスコミにはありません。マスコミも商売ですから圧力には弱い。ほとんどのジャーナリストはカネに弱い。しかし当サイトは違います。今後も、いかなる圧力にも屈することない活動をいたしますのでご期待ください。さらに、本サイトは「日本版経済ロビイスト」としての活動もスタートさせております。永田町や霞ヶ関の有志と共に、日本国益に叶い、企業と個人、そして我が日本国が発展するよう今後も活動をしてまいります。どうぞよろしくお願いいたします。

 

*以下2014年8月追記

上記のような信念があったものの、2014年4月に、ある事件で国家組織の裏切りを経験しました。そのために、「まず自分」「格差も貧富の差も広がって当たり前」「自分が儲かってから、国のことを考えればいい」という方針に変わりつつあります。世の中の裏をずっと見てきましたが、みんな汚い。本サイト運営当初ならそういう話も表に出したりしましたが、もはやアホらしくなっているので、そいつらと組んでもまず自分のカネだなと思いました。まともにやっても何もいいことないんです。いいことないだけならまだいいんですが、人をはめようとする奴らがいる。そして、守ると約束している連中は守らなかった。もう、アホらしくてやってられません。当サイトは「まず当サイトの盤石な体制作り」「資金」を重視します。そこで余裕が出たら、国のことを考えてあげることにします。

 

*以下2018年11月追記

二階堂茶会一派十戒
一戒め 語るなかれ。漢は黙って二階堂。小女は黙って二階堂。語るものこそ災いあれ。

二戒め 群れることなかれ。漢たるもの孤高たるべく、いたずらに下衆と交わることなかれ。小女は漢の後に3歩しりぞき従い、いたずらに中女、大女に目を動かすなかれ。

三戒め 天下に会派を作ることなかれ。二階堂茶会派はなし、二階堂一人をもって萬人とし、萬人はこれ一人の二階堂なるゆえなり。会派あるがごときを騙ること許すべからず。

四戒め、朋の名を問うことなかれ。知ればことあれば売る。売る名を知らずに、朋を売ることなし。朋を売ることなければ心にやましきことなし。

五戒め、無縁の人を誘うなかれ。千山独行は悲しく闇夜の道行きなり。苦行の道なり。人をもとめともがらとし、ともに歩むを願うは人の情なり。しかれども、苦行の道は一人のみちにして、義ありといえども朋の命もてその父母兄弟妻子に累を及ぼすなかれ。

六戒め、中女を姦淫するなかれ。男子たるもの小女を庇護するを本道とし、二十八を超えし中女と姦淫するなかれ。大女と姦淫するものは磔刑と心得るべし。

七戒め、金子、銀子を懐に留め置くなかれ。手に触れても流れ行くままに、目で追うことも許さず。漢は商い人、使われ人のごとくその目先の効能を問うことを本分とせず。財貨をいたずらに懐にとどめるものは、性器ただれて子孫が絶える戯けと心得るべし。

八戒め、力をみずから振るうなかれ。力とはみずからが握るものにあらず、人に預け持たせて、われの思うままに振るわせることを上策とする。悪しき力と悪しき力を立ち向かわせ悪しき力を削ぐことを中策とする。我が身を持ち悪しき力を受け、肉を切らせ骨断つを下策とする。いたずらにみずからの才覚に溺れ、ちからをためさんと、我が身によりいたずらに力を浪費することなかれ。

九戒め、奥義を秘するなかれ。二階堂茶会派の奥義は茶化しにあり。シナより薬として渡来し茶をもって相手を笑いとばし一興を得ることにあり。富の大きさをほこるもの、力の強さを奢る者をくじくことこそ苦行の世間の退屈のしのぎ、我らが快楽(けらく)の源なり。

十戒め、以上九戒めを遵守することなかれ、二階堂茶会派はこれなきものにしてあるものなり、あるものにしてなきものなり。あるべくしてあり、なくべくしてなきなり。小女がよびしときあり、世間がさがすときなきなり。よってなにもなきところに罪咎これなきものなり。二階堂茶会一派は闇より生まれ、闇に帰るものと深く心に銘ずべきなり。

 

2018/11/05