「J-CIA記事紹介」 一覧

【INSIDE REPORT】今週の仕手筋はこのようになりましたのでまたガッツリ儲けよう!

2022/03/27 14:06   -J-CIA記事紹介

【毎度のお約束】本記事は・・・儲けようという記事ですが、絶対に買え!なんてことは言いません。でも買ったらいいことあるかもしれないとは言っておきます

ーーーーーーーーーーーーーーーー
「先週はそこそこでしたか」

「戦争が見えないところでもまぁよかったんちゃうかな。ただ、今仕込まん奴はアホやで。上がりきってから買うのは誰にでもできる」

「そうですよね。リスクあれどの大儲けです!」

さぁ今週もバッチリ!!!仕手筋の狙いをズバリ書きます!さらにあの「ギャンブル株」のコメントも。

https://www.j-cia.com/archives/17459

ユーロは売り!ウクライナ終戦後は欧州崩壊へ~すでに始まる停戦後に向けた各国駆け引き

2022/03/21 11:32   -J-CIA記事紹介

熾烈を極めるロシア軍によるウクライナの各都市への攻撃だが、様々な仲介者が介入して進んでいる停戦交渉もヤマ場を迎えつつあるようだ。当事者であるロシア、ウクライナ両国以外にも、米国、英国、フランス、ドイツ、トルコ、イスラエル、そして中国など、様々な国の名前が登場しているのがすでに報道されている通りだ。

日本では「いつ停戦が成立するか」「どういう条件で停戦するのか」ということに注目が集まっているが、既に世界の趨勢は「ウクライナとロシアの戦争が終わった後」に焦点が当てられている。そして様々な綱引きが既に始まっていることをご存じだろうか?停戦交渉どころか、戦争後の国際体制について主要国間で駆け引きがされているのだ。日本は誰も知らないかもしれない。マスクさえしていればいいと思っているんだろうから。そんなバカな日本国民はおいといて・・・

この辺りの事情に詳しいマスコミ関係者、外務省関係者などに、当サイトはさっそく緊急取材を敢行した。水面下でうごめく各国の思惑と動きを、大至急お伝えしよう。

https://www.j-cia.com/archives/17448

【血統師SEVENのインテリジェンス競馬#167】

2022/03/19 12:47   -J-CIA記事紹介

(2022春シーズン連載)

鬼導戦師 SEVEN
第167話「デブい」

≪あらすじ≫
サンデーをもつ者ともたぬ者、そのおこぼれを狙う者。
サンデーを持たぬ者は生きてゆけなかった 日本生産利権

あらゆる悪徳が武装するなにわの街。
ここは567利権が産み落としたアパアパドキドキダイエーいちの市。

SEVENの躰に染みついたご当地ソースの臭いに惹かれて、
肥満すぎる奴らが集まってくる。
次回「デブい」。

SEVENが飲む利権中抜き上等希薄した下民専用浪速のコーラはハートがドキドキシュガー味

(追記を開催当日等にも行うことがありますので記事は念のためレース当日等もご確認ください )

★おまけ
(☆1競馬占い)
※ 日曜日
中山競馬場 スプリングS
阪神競馬場 阪神大賞典

月曜日 中山競馬場 フラワーC(参考扱)
※フラワーCは日曜に更新の可能性あります

------------------------------------------------------------------------
レポートは長くなりますのでまず予想から

https://www.j-cia.com/archives/17447

【戦争の闇】ウクライナ辺境マリウポリがロシア軍から総攻撃される本当の理由~首都キエフから遠いのになぜ?

2022/03/18 13:13   -J-CIA記事紹介

ウクライナに対するロシア軍侵攻の状況は、毎日メディアで事細かに伝えられているので、敢えて詳しく説明する必要はないだろう。あまり興味がないという方も、「首都キエフ」「ハリコフ」「マリウポリ」という3つの都市名は耳にした覚えがあるだろう。ロシア軍が重点的に攻撃を加えて制圧を目指していると思われる場所だ。上記3都市の中でも特にマリウポリへんも攻撃は熾烈を極め、民間施設への無差別攻撃や民間人殺害がロシア軍によって行われているとウクライナ側発信の情報を基にしたニュースが流れている。戦時中のプロパガンダの部分を差し引いても、他の地域に比べてロシア軍のマリウポリへの攻撃が激しいことは事実だろう。首都キエフの制圧が最終目的だと言われているロシア軍にもかかわらず、遠く離れた辺境にあるマリウポリの制圧にロシア軍が執着するのは何故なのだろうか?ニュースには決して流れない本当の理由をお伝えしよ

https://www.j-cia.com/archives/17446

【株価爆上げ目前!儲けるための記事】大規模工事受注のジャスダック企業をズバリ書く!

2022/03/17 11:01   -J-CIA記事紹介

報道は長らく続くコロナ禍と、ロシアのウクライナ侵攻で一色。2つの世界的な凶事により、多くの企業がダメージを負っている。しかし、この禍事で不祥事が注目されることなく、胸をなでおろすどころか、商機を掴もうとしている企業があるのだ。

https://www.j-cia.com/archives/17442

【総力特集!黒いウクライナ・後編】ウクライナ戦争でイスラエルとユダヤ人脈に莫大利益~仲介者のメリットとは・・・

この記事は以下2つの記事の続きになる。
【黒いウクライナ・前編】ウクライナのユダヤ系支配階級とネオナチの微妙な影」
( https://www.j-cia.com/archives/17433 )
【特別報道!黒いウクライナ闇・中編】自己保身ゼレンスキーのロシア挑発と兵器開発~新型コロナ開発の噂も・・・」
( https://www.j-cia.com/archives/17437 )
今回が連載最終回(後編)になるが、記事内容の理解度を深めるため、上記の「前編」「中編」を先に読んで頂くことを強くお奨めする。

前編では現在のウクライナを牛耳るユダヤ人脈について、中編では武器商人としての顔を持つウクライナのダークサイドについてお伝えした。今回はロシアとウクライナの停戦交渉を裏で仕切っているのが誰なのかを当サイト読者の皆さんだけにお伝えしようと思う。

ウクライナに対するロシア軍の侵攻について、実際には報道発表されていない水面下のチャンネルで、何度も両国の間では停戦交渉が行われている。この事実は情報通がそろっている当サイト読者の皆さんであれば既にご承知頂いていることだろう。イスラエルのベネット首相やトルコのエルドアン大統領などが訂正交渉仲介に名乗りを上げているが、そもそも戦争状態のロシアとウクライナが連絡を取り合う仲介者となっているのは誰なのだろうか?停戦はいつになり、最終的な落としどころはどうなるのだろうか?当サイト渾身の取材による予想も含め、以下では大手メディアが“大人の事情で”書けない内容をお伝えしよう。

https://www.j-cia.com/archives/17440

ヨタ話愛読者の皆様方へ、ニッポン”低国”におけるインチキコロナ騒動最後の砦であられる宮沢孝幸先生を応援して下さい!

2022/03/15 20:42   -J-CIA記事紹介

一億総白痴化国家ニッポン低国政府は、とうとうmRNAコロナワクチンの4回目接種を口にし始めた。行き着く所まで行った感がある。何が何でもmRNAワクチンでないとダメらしい。すだれハゲ前総理の利権獲得の動きによって確定したと言われる、このmRNAワクチン狂騒曲だが、最早科学的検証も何も無い、単なる利権漁りの政治屋の思惑のみで動いている。

亡国ニッポン低国を、利権と何の関係も無いのに身を挺して守ろうとしている紙一重の天才研究者が居る。前々回ヨタ話においても紹介させて貰った、そう、正に「愛すべきキチガイ」と呼ぶに相応しい本物のウィルス研究者且つ猫好きのピアニスト、京都大学ウイルス・再生医科学研究所准教授、宮沢孝幸獣医師である。

テレビにも「ワクチン利権屋の噛ませ犬」の様な、可哀想な立場で登場される事の多い宮沢先生だが、よくぞ大してカネにもならない御苦労をここまで背負っておられるな、と心底より感心させられるものである。

昨今、目の前に置かれたカネで右往左往する下民学者、使用人学者、使用人下民役人が絶えないが、宮沢先生はカネと社会的名誉全てを放り出すかのように、インチキコロナ騒動を利用する勢力と戦われている。

ーーーーーーーーーーーーーーー

以下、毎度おなじみ一行情報だ!!!日本で唯一、これらの情報が出せるのはここだけ!
https://www.j-cia.com/archives/17439

【特別報道!黒いウクライナ闇・中編】自己保身ゼレンスキーのロシア挑発と兵器開発~新型コロナ開発の噂も・・・

2022/03/15 04:42   -J-CIA記事紹介

この記事は「【黒いウクライナ・前編】ウクライナのユダヤ系支配階級とネオナチの微妙な影」の続きになる。先に前編( https://www.j-cia.com/archives/17433 )を読んで頂くことをお奨めする。

前編では現在のウクライナが実質上ユダヤ人の支配下にあることをお伝えしたが、今回はさらなるウクライナの暗部を白日の下に晒すことになる。もちろんロシアのプーチン政権によるウクライナ侵略の暴挙は絶対に許されることではない。しかしながらウクライナを単純な被害者として盲目的に同情して応援している方は、是非いったん立ち止まり、この記事を読んでから改めて考えてみてほしい。ロシア側が「米国の協力でウクライナで生物兵器を開発している」と国際法違反行為を批判し、国連でも同様の主張をしている。こうしたロシアの主張がすべてフェイクで耳を傾ける価値のない情報なのか、「ロシアが侵略の口実作りのために虚偽情報を流している」という欧米諸国の反応は本当に信じても良いのか。是非とも先入観無しに考えてみてほしい。

今回の「中編」では「前編」と同じくロシアの歴史・経済の専門家に話を聞きつつ、今回のロシア侵攻について当初から取材を続けている大手新聞社のベテラン記者からも裏情報を聞くことが出来た。以下ご参照頂きたい。

https://www.j-cia.com/archives/17437

NHK、またコロナ隠蔽!!!NHK法違反の疑いあり!!!

2022/03/14 16:06   -J-CIA記事紹介

アナウンサーの感染を“非公表”で押し切ったことは以前お伝えしたとおりだが、今度は出演者に“そういう話”が浮上しているという。

いやね、バラエティの端役程度なら公表せずに乗り切っても問題はないですよ。特に濃厚接触者もいないのであれば、しれっと休んで何事もなかったかのように復活すればいい。実際にそういう方針でやっているプロダクションもありますよ。ただね、局を代表する番組の看板をはる立場の人間が、しかも濃厚接触を多数出した上に隠蔽となるとちょっと話が違ってくるね。これがNHKの“ウィズコロナ”ってことなんだって胸を張ってくれるなら、まだ信頼度も挙がるってもんだが・・・・

https://www.j-cia.com/archives/17436

銘柄精査のため月曜朝ギリギリまでお待たせしました!大人気、仕手筋インサイドレポート!!!

2022/03/14 08:37   -J-CIA記事紹介

おまっっったせしました!!!というわけで時間がないので前置きは省略します!
とにかく今週は面白い銘柄と仕掛けがあります!ここから仕込んで儲けよう!カネを作ろう!国内で金を使って内需拡大を!!!

とにかくこれを毎週読んで儲けてください!年に何度か書きますが、「5倍100倍あたりまえ」なんて事は言いません!「去年よりも3割延びる」これがプロの金融でも当たり前です。「株で3年で8億儲けました」そんな奴はいません。いても、表に言う訳ありません。
我々は正直に、そして仕手筋とはいえみなさんに御迷惑がなるべくかからないようこれからもあんじょうよろしく!

https://www.j-cia.com/archives/17434

SEVENのインテリジェンス競馬ですが、一部の方に表示できない箇所がありました

2022/03/12 15:34   -J-CIA記事紹介

https://www.j-cia.com/archives/17432

もう一度画面を更新してみてください。よろしくお願いします。

 

そして禁断の記事もおもしろいですよ。

https://www.j-cia.com/archives/17431

【血統師SEVENのインテリジェンス競馬#166】

2022/03/12 07:16   -J-CIA記事紹介

(2022春シーズン連載)

鬼導戦師 SEVEN
第166話「やっかいな牝馬」

≪あらすじ≫
作戦は成功した
だがノーザンファームに意外な弱点が
競馬ファンの妄想を道連れに中山阪神中京の逃避行は続く

誰がそれを望んだのか
誰も望みはしない
今はただ利権を睨みながら使い分けねばならない

 

(追記を開催当日等にも行うことがありますので記事は念のためレース当日等もご確認ください )

★おまけ
(☆1競馬占い)
※ 日曜日
中京競馬場 金鯱賞

 

------------------------------------------------------------------------
レポートは長くなりますのでまず予想から

 

 

https://www.j-cia.com/archives/17432

起死回生!一発があると言われているあの株!禁断の技とは!

2022/03/11 08:16   -J-CIA記事紹介

目下、絶好調な業種がある。それはゲーム関連業界だ。市場規模は7兆円に迫り、今後も拡大が予想されている。業績も右肩上がりの企業が多く、この会社も起死回生の“秘策”を打ち出そうとしているが……。

https://www.j-cia.com/archives/17431

極めるヨタ話!毎度おなじみ「国際情勢ヨタ話」テレビや新聞なんか意味がない!

2022/03/09 12:55   -J-CIA記事紹介

4回目のファイザーワクチン接種まで進めたイスラエルが、3月1日より海外旅行客の入国制限を解除、しかもワクチン未接種者も入国可能!

中東より吉報が届いた。当初よりファイザー製mRNAワクチンの効果に懐疑的だったナフタリ・ベネット首相が、コロナワクチン接種証明のグリーンパス廃止に続き、海外旅行客の全面的入国許可に踏み切る事となった。しかも、コロナワクチン未接種者の入国さえも認めると言うから、大英断である。極東にある、3回目コロナワクチン接種を1日100万回目指すとか言う、無能極まりない政府がある島国とは大きな違いだ。この手の報道に接するたびに、日本人の劣化を感じざるを得ない。人格が良いとか言う無能な首相は、下民や愚民の支持を得る為にワクチン接種回数のみが主眼で、その弊害等を一顧だにしないようだ。

イスラエルは、前任のベンヤミン・ネタニヤフ前首相による強硬なmRNAワクチン一本足路線で、何の成果も得られなかったどころか、3回以上接種者の死亡率が急上昇するに及び、公衆衛生部門及び感染症対策部門は詳細に検討して、前首相のワクチン政策を一変させる事となったようだ。過ちに気付き、そして修正する事は勇気がいる。ユダヤ人達は自身の誤りを見つめている様だ。一億総白痴ニッポン人には無理な話しだろう。

米国コロナ全体主義政党である民主党の知事州でさえも、どんどんコロナワクチンとマスク着用義務が撤廃され始めている。フランスのコロナ全体主義者マクロン大統領でさえ、選挙前という事もあってワクチンパスポートを停止している。欧州内では、ウクライナ戦争の影響でコロナの話題がなくなっている。スイスに至っては、外国人入国者のコロナワクチン接種の有無を問わず、更に隔離も検査も無い。素晴らしい措置だ。さすが、オクタゴンの本拠地スイスである。本質をよく捉えているのだろう。

一億総白痴化国家ニッポン低国では、いまだにコロナの話題が主流だ。しかも、ワクチンパスポートの導入を今頃検討してる有様だ。マスクなんか外す気配すらない。呆れるほどにバカだ。

コロナウィルスは、直射日光下では2〜3分、空気中で3〜4時間、そしてマスク内では7日間生存可能である。マスクを着ける馬鹿馬鹿しさを実感出来るだろう。N95マスクの目の粗さは0.3μm、コロナウィルスの直径は0.1μmであるから、息苦しいマスクを着けてもウィルスは素通りして行くのだ。バカ日本人が崇めているマスクは、如何に有害無益か理解出来るだろう。

https://www.j-cia.com/archives/17428

【これが真実!報道されないウクライナの闇】ネオナチ、核兵器、虐殺~先にプーチンを殴ったのはゼレンスキー

2022/03/08 23:42   -J-CIA記事紹介

ロシアによるウクライナ侵攻について、欧米及び日本の報道はロシア大批判一色だ。それだけではなく欧米を中心とした各国政府によるロシアへの経済制裁や、大手企業によるロシア関連ビジネスからの撤退、さらには各スポーツ国際団体によるロシア人競技者の参加禁止措置など、世界中がロシアの敵に回っている感がある。逆にウクライナへは世界中から寄付金が集まり、軍需品も含めたあらゆる物資が第三国を経由して届けられているという。

日本国内の報道を見ている読者の皆さんも「ロシアのプーチン大統領=加害者」「ウクライナのゼレンスキー大統領=被害者」という図式でイメージしているのではないだろうか?さらにゼレンスキー大統領をはじめとするウクライナ人の徹底抗戦は「自由を守るための正当な戦い」という印象を抱いていることだろう。本当にそれでいいのだろうか?確かに先に大規模な武力行使をしたのはロシアで、国際法違反である事実は間違いがない。しかしウクライナは本当に単なる被害者なのだろうか?

ロシアのプーチン大統領はウクライナ東部について「ネオナチがロシア系住民を虐殺している」と非難し、「ウクライナが核兵器開発を開始していた」とも主張している。世界の大勢は「侵略口実のための言いがかり」という方向性で報道されており、多くの人がそう信じている様子もうかがえる。本当にプーチン大統領は嘘つきでゼレンスキー大統領は誠実な政治家なのだろうか?

ウクライナという国家を長年見つめてきた大手商社のベテラン社員や、東欧の国際情勢に詳しい外務省関係者、ウクライナ事情に詳しいメディア関係者など、日本であまり報道されていないウクライナの実態=長年にわたる黒い部分、そしてロシアのプーチン大統領に対して少しだけ同情したくなるような事実など、当サイトが緊急取材した情報を読者の皆さんに至急お伝えする。

https://www.j-cia.com/archives/17427

NHK4月号もまったりとした流れの中に大ヒント

2022/03/07 23:15   -J-CIA記事紹介

プーチン死す/つまらない芸能/ダメな日本人/新しい飲食店/安倍利権は長崎カジノ!!!くたばれ初村!ほか

 

--------------------------------------------
出演者(順不同):二階堂/なかやまさん/局長/
・第二シーズン第6回(通算86回)
・収録時間:約92分
・収録日:3月7日

https://www.j-cia.com/archives/17423

今日は強気!ここは底!仕掛ける仕手筋INSIDE REPORT!!

2022/03/06 20:53   -J-CIA記事紹介

*本記事は金融商品の売買を目的とした記事ではございません。毎度恐縮でございますが!今日も仕手筋参ります!

ーーーーーーーーーーーーー

「ウクライナでみんなオタオタしとるが、もう終わったとみてええで。資源や石油、為替いじらんと、ここは株や。堅調なものをだすで」

「詳しい仕掛けを聞くと私もインサイダーになってしまいますよ」

「まぁ仕掛けいうのは手品と一緒や。タネ明かしたら儲かるもんも儲からんくなる」

「そんなものでしょうね。では参りますか!」

皆様お待ちかね!銘柄いきます!今日はてんこ盛り!

https://www.j-cia.com/archives/17421

【血統師SEVENのインテリジェンス競馬#165】

2022/03/05 01:08   -J-CIA記事紹介

(2022春シーズン連載)

鬼導戦師 SEVEN
第165話「ためらいの札束」

≪あらすじ≫
別れの言葉はいらない。もう引き返さないと心に誓ったのだから。
皐月賞のために、ダービーのために、苫小牧で翔ばされた数多くの札束のために。
戦わなければならぬ。勝たねばならぬ。生延びねばならぬ。

調教師?生産者?競馬記者?蠢く詐欺師どもに翻弄された馬主達の震える手の群れが、
捨てられる札束達と共にセレクトセールで今年も舞い上がり、舞い散る

Not even justice, I want to get truth. 真実は見えるか。

(追記を開催当日等にも行うことがありますので記事は念のためレース当日等もご確認ください )

★おまけ
(☆1競馬占い)
※ 3/6日曜日
中山競馬場 弥生賞

https://www.j-cia.com/archives/17419

NHK二階堂放送協会 2月のドタバタ

2022/02/28 07:52   -J-CIA記事紹介

ウクライナとほかの話/これからは一人一人のグレートリセット/局長儲ける/支配層は不老不死を/マスク真理教の下民は死ね/神の威光無し/家族の仲が悪いとワクチン有益www/日本共産党はカルト認定/まった

--------------------------------------------
出演者(順不同):二階堂/なかやまさん/局長/ナベさん/
・第二シーズン第5回(通算85回)
・収録時間:約65分
・収録日:2月25日

https://www.j-cia.com/archives/17410

ウクライナ侵攻ばかり注目だが、「竹中平蔵」、ここにボロ儲けのチャンスあり!

2022/02/27 23:15   -J-CIA記事紹介

ロシアのウクライナ侵攻が始まり、世界経済が混乱している。国内経済も同様だが、役所が新たな方針を打ち出せば、役所はそれを無視するわけにはいかない。役所の方針で新たな仕組みができれば、カネが動く。そこで、あの竹中平蔵元経済財政担当相もひと儲けを目論んでいるのだ。

https://www.j-cia.com/archives/17411

【血統師SEVENのインテリジェンス競馬#164】

2022/02/26 17:14   -J-CIA記事紹介

(2022春シーズン連載)

鬼導戦師 SEVEN
第164話「大阪湾鼻血に染めて」

≪あらすじ≫
デブる将軍の手を逃れたSEVENを待っていたのは、いつもの地獄だった。外れ馬券に沁みついた罵声と悲嘆。

百円戦争が産み落とした武蔵野線沿い府中本町と船橋法典の街。強欲と退廃と混沌とを鍋でにこんでオケラ街道を駆け抜けて眼前に広がるは千葉県のソドム

次回「それいけ!やきそばパンマン ふわふわふわりと彩の国 サイタマン」
先週も今週も来週もわしと地獄につきあってもらう。

(追記を開催当日等にも行うことがありますので記事は念のためレース当日等もご確認ください )

★おまけ
(☆1競馬占い)
※ 日曜日
中山競馬場 中山記念

(2022春シーズン連載)

鬼導戦師 SEVEN
第164話「大阪湾鼻血に染めて」

≪あらすじ≫
デブる将軍の手を逃れたSEVENを待っていたのは、いつもの地獄だった。外れ馬券に沁みついた罵声と悲嘆。

百円戦争が産み落とした武蔵野線沿い府中本町と船橋法典の街。強欲と退廃と混沌とを鍋でにこんでオケラ街道を駆け抜けて眼前に広がるは千葉県のソドム

次回「それいけ!やきそばパンマン ふわふわふわりと彩の国 サイタマン」
先週も今週も来週もわしと地獄につきあってもらう。

(追記を開催当日等にも行うことがありますので記事は念のためレース当日等もご確認ください )

★おまけ
(☆1競馬占い)
※ 日曜日
中山競馬場 中山記念

面白い相場!! 読者諸兄長期は良い買い場。買い増しポイントで毎回その後跳ねてくれるね!! 回転させても良いし、ガチホもまた一興!

2022/02/20 15:58   -J-CIA記事紹介

A氏「プーチンは日本株もレバ2倍やってるのかな?」
私 「日経はメンヘラなので。ありと言えば?アリですね」
A氏「たった一国が、大軍を相手に出来るんだからな 大したもんだよ。」
私 「外交も、ニュースを出すタイミングも上手です。」
A氏「今夜、岸田さんが電話会談するんだけど」
私 「新しい資本主義についての説明。 じゃないですかねwww」
混沌・錯綜
週末 明日は4銘柄で参戦!!
7

【血統師SEVENのインテリジェンス競馬#163】

2022/02/20 12:23   -J-CIA記事紹介

(2022春シーズン連載)

鬼導戦師 SEVEN
第163話「復活のシャア」

≪あらすじ≫
サウジ作戦を断念したホワイトベース、しがらき基地で修理を受ける

クルーはデブル将軍より新たな指令と今後出てくる「安平のおじい」の
「つかいわけ」に代表されるような組織戦に気をつけるように言われる

ドバイ遠征部隊に配属になったシャア
諜報員からの情報で早速ホワイトベースに出会えて歓喜の極み

・今回のテーマ
(去年の一件で既になんとなく)譜面が完成した!勝ちに行くぞ!馬券

?t=11" target="_blank" class="advmk" rel="noopener">?t=11

(追記を開催当日等にも行うことがありますので記事は念のため
レース当日等もご確認ください )

★おまけ
(☆1競馬占い)
※ 日曜日
東京競馬場 フェブラリーS

 

------------------------------------------------------------------------
レポートは長くなりますのでまず予想から

自信度はAからC 時折S(ダブルエックスなど遊びも出します)が出ます
(ほぼCで推移)

S&XX(ダブルエックス)→鉄板と見てるレース
2021秋の天皇賞(XX 馬連&3連単パーフェクト)
2018年秋の天皇賞でS指定→的中しています
一年に出る可能性はほとんどありません
(必殺必勝を期した究極の提示とお考えください)

A→鉄板と見ているレース
(2021 ホープフルS 勝ち馬キラーアビリティ本命指定 ヒモ流し忘れ→外れ)
SとBの間故か軸は見極めるもやらかすこと多目

B→軸不動と見てるレース 時折出てきます
(2021 阪神JF 勝馬サークルオブライフ本命&単勝指定で出しています)

C→ほぼ平常時に出していますが 馬券に指定した馬に何かしろかの
不安要素があるとみているレースです
昨年から自信度の査定を厳しくしていますのでほぼCを出しています

☆一開催事に10000ポイントを配布
そのなかでやりくりをしながら持ち越したポイントと配布されたポイントでやりくりを
しながら 回収率をシーズンごとに出していきます

(※2021年度は傾向としてワイド率高め ワイドもオッズ次第で検討ください)

https://www.j-cia.com/archives/17390

これから株価が確実に上がる銘柄を事実とともに掲載!「りょうちゃんのこれから確実に伸びる株」

2022/02/17 02:07   -J-CIA記事紹介

コロナ禍の影響で半導体不足が深刻化している。そこに追い打ちをかけているのが、先日、キオクシアが発表した不純物混入問題だ。半導体不足は多くの業界にとって悩みの種になっているが、ある業種ではお手上げ状態だという。

https://www.j-cia.com/archives/17387

【必見コロナの秘密!】新型コロナウイルスとは人類の特定層を淘汰するための「隠された兵器」か

2022/02/16 18:26   -J-CIA記事紹介

約1年半前の当サイト過去記事だが覚えていらっしゃるだろうか?某有名国立大学(旧帝大)でウイルスを専門に長年研究を続けているY先生が当サイト読者向けに教えてくれた新型コロナウイルスの真実”を述べた内容だ。
2020年9月4日付記事「新型コロナウイルスは人口バランス調整装置

詳しくは上の記事を改めて読み直して頂くとわかるのだが、新型コロナウイルスは現代人類の極端に偏った年齢別人口構成や、人口密度の地域的な偏りを正常化するために、自然現象として「調整装置」が発動したのだという論説だ。日本でコロナ禍が本格的に始まってから7カ月しか経過していないパニック状態の2020年9月の時点で、「新型コロナウイルスの存在理由」についての研究や論説は極めて稀だった。当サイト以外でこうした内容を正面から堂々とお伝えしているメディアはほぼ皆無だったことを思い起こして頂ければと思う。

今回、上の記事からさらに1年半が経過した。Y先生はその後に登場した多くの変異株の性質や世界各国での医療状況などの分析を重ね、現時点である結論に達していると教えてくれた。大手メディアには語っていない話を改めて当サイトだけに教えて頂いた。人権派やリベラル派が読めば卒倒するような内容かもしれないが、必見の総力記事です!

https://www.j-cia.com/archives/17385

中国のスパイは調略をする・・・ミャンマー軍政が悪いと一方的に信じるバカな下民日本人。

2022/02/14 22:34   -J-CIA記事紹介

このアントニ・スロドコウスキという記者。ロイター通信ミャンマー支局でミャンマー軍政を猛批判してピューリッツァー賞を受賞し、東京支局副支局長に栄転。

https://www.j-cia.com/archives/17382

アイドルが売女に華麗転身!国民的AV女優誕生編!!

2022/02/13 23:48   -J-CIA記事紹介

新コーナー風に(笑)。アダルト、性風俗業界への風当たりは厳しくなる一方なれど、不景気だ多様性だで自ら志願する女性の数は増える一方だと言われる。業界への導線は「バカでも儲かる」「むしろバカで可愛いならやるしかない」「やらないほうがバカ!」と、1年先のことすら考えられない情報弱者をターゲットに絞っているわけだ。

お固い話は置いといて、業界内で注目を集めているという「国民的アイドル」の進退問題について。いまやAV女優も仕掛けが大切で、「グラドルとしてある程度売れてから転身」という一昔前の展開から、「Tik
Tokでバズり次第発表」なんてのも・・・。まあ今回の該当者は、ある意味想定外の道を歩んでいるわけですが笑

https://www.j-cia.com/archives/17379

悪い奴はたくさんいる。

2022/02/13 18:52   -The Voice of Japan, J-CIA記事紹介

https://www.j-cia.com/archives/17376

↑岸田にダメージの記事。側近の悪さ

https://www.j-cia.com/archives/17375

↑かぼちゃの馬車「スマートデイズ」元社長の次の悪さ

緊急!国際情勢ヨタ話!!

2022/02/07 20:52   -J-CIA記事紹介

今日は緊急の一行情報が最後に書かれている。情報関係者においてはしっかり受け止めていただきたい。

まぁ、日本政府はアテにしてないが・・・
ーーーーーーーーーーーーーー

デンマークが新型コロナウィルス感染症を正式に「風邪の一種」と認定した。デンマークは国民にコロナワクチン接種を強制するなど、コロナ全体主義の先頭を行く感があったが、いきなりの大転換となった。途端に経済活動が活発化して、街に活気が戻った。スカンジナビア3ヵ国、英国、アイルランド、そして我らが親愛なるオクタゴンの本拠地スイスも制限を撤廃した。これらの国々は近く外国人旅行者の入国制限も解除の見込みである。海外旅行に行けなくてウズウズしている愛読者諸兄におかれては、これらの国々を巡るのも悪くないだろう。英国でマズいメシを喰い、アイルランドでジャガイモ料理をひたすら食べ、北欧で肉団子を食べるのも悪くない。そして、スイス・ジュネーヴでオクタゴン本部を訪問すれば、忘れられない思い出となるだろう。

フランス大統領選挙の行方だが、

https://www.j-cia.com/archives/17372