「J-CIA記事紹介」 一覧

連休でも関係なく!国際情勢ヨタ話!!!読まなきゃ損するすぐ読んで!

2022/05/03 13:10   -J-CIA記事紹介

予想通りと言うか、ザマアミロと言うべきか、ニッポン低国全体で帯状疱疹、若い世代に急性循環器疾患や血管病変、そして過剰な「感染予防ごっこ」による鬱症状が増えている。未知のmRNAワクチンを、調べる事もなく飛び付いた報いだ。「会社が打たせた。」と言い訳する向きもあるだろうが、それを断れない己の立場を恨むしかないだろう。このニッポン低国では、何もかもが利権と同調圧力だ。特に同調圧力は、必ず意味の無い方向に向かう。太平洋戦争中の竹槍訓練とか、「志願」と言う名の特別攻撃隊への強制などだ。「自粛を要請」に至っては日本語ですらない。自粛とは自ら判断するもので、要請される物ではない。「自粛」すら同調圧力によって行われる。

ウクライナ戦争報道でも、ほぼインチキコロナ騒動と同じ傾向だ。駅にロシア語キリル文字の表示はけしからんとか、想像を絶するバカだ。戦時中の「敵性語禁止」とか言って、英語を禁止した事と変わらない低脳ぶりだ。また、ロシアとの経済関係はウクライナより遥かに大きいのに、わざわざそれを壊そうとする。しかも、思考能力が欠如した下民達は、それを行う無能総理を支持している。上から下までバカしか居ない。絶望的なバカさ加減だ。

更に悪い事に、マスク真理教は小学生にも拡大し、小学生のマスク警察まで現れる異常事態だ。何もかもが狂っている。ワクチン兇徒はいずれその副作用で死ぬだろうが、問題はマスク真理教徒だ。子供にまで拡大しているので、今後マスクが定着する可能性がある。呼吸機能の低下が深刻化して行くだろう。

考えてみれば、今の小学生達を「指導」している教師達の主力は、バカが大量発生した「ゆとり教育世代」ではなかろうか?そうなれば、

https://www.j-cia.com/archives/17519

今週の仕手推奨銘柄です

2022/05/01 19:27   -J-CIA記事紹介

今週は特に前置きなし!金融商品の売買を勧める記事じゃないよ!ってなところですぐいってみましょう!!!まずは仕手集合銘柄から
https://www.j-cia.com/archives/17515

Modernaは自社のワクチンが抗原原罪を引き起こしていることを認識した上でEUAを申請

2022/05/01 08:10   -J-CIA記事紹介

宮坂昌之氏に関する考察の続きです。この考察では、自社のワクチンが抗原原罪を引き起こしていることを認識した上でModernaがEUA (Emergency Use Authorization)の申請を行っていたことの証拠についてお伝えしようと思います。

「宮坂氏はワクチン接種により抗原原罪が起きていることを覆い隠そうとしている。下記の論考はN蛋白質由来の抗体の解釈を捻じ曲げている。宮坂氏が引用しているグラフは、その論文での文脈に於いては、接種者が接種後にSars-CoV-2に感染した時にN蛋白質由来の抗体の生成が弱いということを示したものである。」

モデルナ社とNIHの研究者たちは下記の論文が公開された2022年2月3日以前に於いて、同社の自然免疫回避型mRNA脂質ナノ粒子製剤(通称mRNAワクチン)が抗原原罪を引き起こしている可能性を認識していました(この論文は動物実験の結果)。当然のことながら、

https://www.j-cia.com/archives/17514

【誰も報じない危機】メガバンクが予想する今後のドル/円レート

2022/04/30 08:46   -J-CIA記事紹介

メガバンクの一つが、直近のリスク管理委員会で今後の外国為替市場の予想シナリオを討議した。数本あるシナリオのうち、最悪のものと示されたのは……。

https://www.j-cia.com/archives/17513

【血統師SEVENのインテリジェンス競馬#173】

2022/04/30 06:26   -J-CIA記事紹介

(2022春シーズン連載)

鬼導戦師 SEVEN
第173話「肉欲」

≪あらすじ≫
時代は撓みに撓み、そして、放たれた。
怒濤とは正にこれ。
疾風とは正にこれ。

天皇賞春に荒れ狂う狂気と波乱。

因習も伝統も核に焼かれ、顎に飲まれ、黄泉へと流される火砕流。
悲劇は堆積され、歴史となり、神話となる。
次回「肉欲」。

SEVENは鶴橋ではじめてのひとり焼肉に挑む似非関西人w。

(追記を開催当日等にも行うことがありますので記事は念のためレース当日等もご確認ください )

★おまけ
(☆1競馬占い)
※ 5/1日曜日
阪神競馬場 天皇賞(春)

 

------------------------------------------------------------------------
レポートは長くなりますのでまず予想から

自信度はAからC 時折S(ダブルエックスなど遊びも出します)が出ます
(ほぼCで推移)

S&XX(ダブルエックス)→鉄板と見てるレース
2021秋の天皇賞(XX 馬連&3連単パーフェクト)
2018年秋の天皇賞でS指定→的中しています
一年に出る可能性はほとんどありません
(必殺必勝を期した究極の提示とお考えください)

A→鉄板と見ているレース
(2021 ホープフルS 勝ち馬キラーアビリティ本命指定 ヒモ流し忘れ→外れ)
SとBの間故か軸は見極めるもやらかすこと多目

B→軸不動と見てるレース 時折出てきます
(2021 阪神JF 勝馬サークルオブライフ本命&単勝指定で出しています)

C→ほぼ平常時に出していますが 馬券に指定した馬に何かしろかの
不安要素があるとみているレースです
昨年から自信度の査定を厳しくしていますのでほぼCを出しています

☆一開催事に10000ポイントを配布
そのなかでやりくりをしながら持ち越したポイントと配布されたポイントでやりくりを
しながら 回収率をシーズンごとに出していきます

(※2021年度は傾向としてワイド率高め ワイドもオッズ次第で検討ください)

https://www.j-cia.com/archives/17511

大企業が今バンバン引っかかっている「バレると恥ずかしい悪徳商法」

2022/04/26 00:58   -J-CIA記事紹介

愛国、送り付け、デート、内職、霊感。これらの後に共通して続く言葉とは何か。警察関係者ならば、すぐにピンとくるのは「商法」だ。ここ数年、悪徳商法が跋扈している。なかには、グレーな手法を用いる“マスコミ”があるほか、それを利用する企業もある。では、カモになるのは誰なのか。

https://www.j-cia.com/archives/17508

今週は、売り推奨も大型株も!仕手筋パワーでINSIDEREPORT!!

2022/04/24 13:30   -J-CIA記事紹介

「今週は盛りだくさんやで」

「金主が変わるとこうも変わるもんですか」

「手持ち資金の筋、金額によって我々は最適なパフォーマンスを求められるで。せやから多少変わってくるんや」

「まぁ今週も儲けていきましょう。先週は飲み代が儲かりました」

「そんなケチな金やのうて、派手にいかんかい派手に」

それでは今週も行きますよ!!

https://www.j-cia.com/archives/17506

【血統師SEVENのインテリジェンス競馬#172】

2022/04/22 22:22   -J-CIA記事紹介

(2022春シーズン連載)

鬼導戦師 SEVEN 第172話

≪あらすじ≫
第172話「商用ドローン提供したゾ 馬の鞍に弾薬隠すのはダメだゾ」

吹き飛ぶ本命
千切れる対抗
燃える穴人気馬

踏みしめるターフから動乱の鼓動が伝わってくる
ノーザンのいる田舎は未だ遠く行軍は続く
運命はSEVENを戦場へと誘う

次回 『ウクライナ戦時レンドリース特例法 気になるガディロフ首長の馬2022号』

(追記を開催当日等にも行うことがありますので記事は念のためレース当日等もご確認ください )

★おまけ
(☆1競馬占い)
※ 日曜日
東京競馬場フローラS
阪神競馬場マイラーズC

 

------------------------------------------------------------------------
レポートは長くなりますのでまず予想から

自信度はAからC 時折S(ダブルエックスなど遊びも出します)が出ます
(ほぼCで推移)

https://www.j-cia.com/archives/17504

【NHK4月号】日本でロシアから離れられないとある大企業

2022/04/20 07:45   -J-CIA記事紹介

浴び増とデブスが視聴率を取ります/なぜかたばこ屋が言えない大秘密/トヨタの極秘開発/小室関係/札幌に行こう/ほか多数ここにかけない!!!

 

--------------------------------------------
出演者(順不同):局長/なかやまさん/ナベさん/芸能/二階堂
・第二シーズン第7回(通算87回)
・収録時間:約87分
・収録日:4月19日

https://www.j-cia.com/archives/17500

絶対の自信【超極秘インサイダー!ガッチリあてます儲けます】大不祥事のでる一部上場企業!!

2022/04/20 01:40   -J-CIA記事紹介

辺境の地に本社を構えながらも、高い技術力を背景に世界シェアトップを占める企業がある。業績も堅調に推移し、社員の平均年収も業界トップクラスだ。そんな超優良企業の“暗部”が、炙り出されようとしているという。株価は暴落するだろう。

https://www.j-cia.com/archives/17501

【INSIDE REPORT】仕手「保証」表示銘柄、一挙8銘柄+α!お買い得ですよ!

2022/04/17 10:21   -J-CIA記事紹介

本記事は金融商品の売買を目的としたモノではありません、って毎度おなじみ、恐縮です!

ーーーーーーーーーーーーー
「今回から「保証」を入れることにしたんや」

「なんの話ですか?」

「ちょっと金主が変わってな、誰でも知ってる超大企業も仕手株として動かすことにしたんや。中期銘柄もあるで。これからはもう少し長い視点もアリという奴や」

「ギャンブル株は出さないんですか?」

「もちろんそれもだすで!」

ではいってみましょう!

https://www.j-cia.com/archives/17492

【血統師SEVENのインテリジェンス競馬#171】

2022/04/16 00:47   -J-CIA記事紹介

(2022春シーズン連載)

鬼導戦師 SEVEN
第171話「両建て取り引き」

≪あらすじ≫
パワハラマンは(髪型がやきそば)パンマンに心を売って明日を得た。
キラーアビリティはミライが乗って地獄に落ちかけた。
SEVENはタケシで己の運命を占う。
ここ船橋法典の街で明日を買うのに必要なのは、ふなっしーなっしーと少々の危険。

次回「両建て取り引き」
馬の商売は毎日おつむが花畑牧場パカラパッパー。

(追記を開催当日等にも行うことがありますので記事は念のためレース当日等もご確認ください )

★おまけ
(☆1競馬占い)
※ 4/17日曜日
中山競馬場 皐月賞

 

------------------------------------------------------------------------
レポートは長くなりますのでまず予想から

自信度はAからC 時折S(ダブルエックスなど遊びも出します)が出ます

https://www.j-cia.com/archives/17491

今週は期待!【INSIDE REPORT】大手証券が太客にだけ推奨してる銘柄をズバリだ

2022/04/10 22:09   -J-CIA記事紹介

「時間がないのでデータだけおくりまっせ」

というLINEだけが来ていた。確かにそうだ。まずは情報を!!!
これは期待できるぞ!

https://www.j-cia.com/archives/17479

【大株主情報】ロシアのウクライナ侵攻で、再編が加速している業界がある。

2022/04/03 20:27   -J-CIA記事紹介

一連の再編劇は業界内に止まらず、メガバンクや商社、大手メーカーをも巻き込むことになるはずだ。大株主情報、見なけりゃ損しますよ!!!

https://www.j-cia.com/archives/17470

【国際情勢与太話】今日はM級太陽フレア!地震災害に注意!!!

2022/03/31 09:35   -J-CIA記事紹介

プーチン大統領が、「日本では、原子爆弾を誰が自分達の頭上に落としたのか言わない事になっている。極端な対米従属が問題だ。」と言う趣旨の内容を公式に発言した。真意を別にして、これは非常に重要な視点である。そう、「ジャップ」こと「黄色い猿」の日本人の頭上に二発(一部では三発と言う指摘も。長崎に落とした一発が不発弾だったという記録が存在。)もの非人道的兵器である原子爆弾を落としたのは、現代ニッポン低国人が神と崇める米国民主党政権だった。プーチン大統領は非常に良い事を言っている。今回のロシア侵攻と真珠湾攻撃とを比較したゼレンスキー大統領よりマシな発言である。

賢明なるヨタ話愛読者の皆様方に対してであれば言うまでもない事だが、歴史的に支那やロシア側からの日本への非人道的兵器の使用は無い。支那に至っては、古代から一度も日本に侵略を試みた事が無い。鎌倉時代の元寇は蒙古人王朝による侵攻なので、これに当てはまらない。ロシア人とは日露戦争と第二次世界大戦最終盤にて交戦しているが、少なくとも米国人に殺された数よりは少ない。

日本の歴史上、日本人を最も殺したのは米国民主党である。少なくとも、その事を再認識すべきである。対米従属のお陰で、敗戦後軍事予算に割かれる金額が少なかった為、日本が経済的繁栄を得られた事は事実だ。しかしながら、歴史的事実から目を背けてはいけないだろう。一部の無能なニッポン低国人が、やたらと中共の脅威を知ったかぶって語るが、先ずは歴史を学んだ方が良いだろう。仮に現在の中共のやり方が覇権主義だと言うのであれば、戦前の日本人が「鬼畜米英」と呼んでいた存在が今までやって来た事は覇権主義じゃないのか、と言う話になる。支那人はあまり対外戦争を得意としておらず、しかも戦場ですぐに商売を始める奴が現れるので、日華事変の時も國民黨軍から日本軍側へ物資の横流しが絶えなかった。米軍が支那人に分け与えた物資まで日本軍側に流れていた始末だ。支那人は商売を好むのであって、米国やロシアの様な戦争好きではない。臺灣侵攻については、中共内部でかなりの論議が為されているはずで、果たして支那及び臺灣経済を破壊した上に、周辺諸国との深刻な亀裂を生むような事をするのか?今回のプーチン大統領の行為を習近平主席がどの様に判断しているのか興味深い。

もう一度繰り返す。日本の歴史上、日本人を最も殺したのは米国民主党である。間違っても支那やロシアではない。勿論、朝鮮人でもない。ルーズベルトとトルーマン両大統領による「黄色い猿に対する処置」は、現代においても続いているのだ。今後もバイデン政権の動きに要注意である。予想される2024年のトランプ大統領復帰まで、果たして何が起こるのか、今後とも愛読者の皆様方と共に観測を続けて行きたい。一刻も早く共和党との密接な連携が可能な人材を探すべきだろう。米国民主党への従属は売国と同義である。

それから、自然災害への懸念はまだまだ続いている。最悪の事態に備える事は、愛読者の皆様方におかれては最優先事項とお考え頂きたい。

 

https://www.j-cia.com/archives/17467

【中小企業経営者は金払う価値ある記事】上場企業の某社を使って一儲け!

2022/03/27 21:05   -J-CIA記事紹介

中小企業の経営が逼迫している。その主な原因は、コロナ禍とロシアのウクライナ侵攻に他ならない。

それはさておき、国や自治体には様々な補助金や助成金、給付金制度があるが、こうしたカネを利用したビジネスを立ち上げた企業が登場した。金を払っても惜しくない記事だと自画自賛!!ぜひ読んでほしい。

https://www.j-cia.com/archives/17461

【INSIDE REPORT】今週の仕手筋はこのようになりましたのでまたガッツリ儲けよう!

2022/03/27 14:06   -J-CIA記事紹介

【毎度のお約束】本記事は・・・儲けようという記事ですが、絶対に買え!なんてことは言いません。でも買ったらいいことあるかもしれないとは言っておきます

ーーーーーーーーーーーーーーーー
「先週はそこそこでしたか」

「戦争が見えないところでもまぁよかったんちゃうかな。ただ、今仕込まん奴はアホやで。上がりきってから買うのは誰にでもできる」

「そうですよね。リスクあれどの大儲けです!」

さぁ今週もバッチリ!!!仕手筋の狙いをズバリ書きます!さらにあの「ギャンブル株」のコメントも。

https://www.j-cia.com/archives/17459

ユーロは売り!ウクライナ終戦後は欧州崩壊へ~すでに始まる停戦後に向けた各国駆け引き

2022/03/21 11:32   -J-CIA記事紹介

熾烈を極めるロシア軍によるウクライナの各都市への攻撃だが、様々な仲介者が介入して進んでいる停戦交渉もヤマ場を迎えつつあるようだ。当事者であるロシア、ウクライナ両国以外にも、米国、英国、フランス、ドイツ、トルコ、イスラエル、そして中国など、様々な国の名前が登場しているのがすでに報道されている通りだ。

日本では「いつ停戦が成立するか」「どういう条件で停戦するのか」ということに注目が集まっているが、既に世界の趨勢は「ウクライナとロシアの戦争が終わった後」に焦点が当てられている。そして様々な綱引きが既に始まっていることをご存じだろうか?停戦交渉どころか、戦争後の国際体制について主要国間で駆け引きがされているのだ。日本は誰も知らないかもしれない。マスクさえしていればいいと思っているんだろうから。そんなバカな日本国民はおいといて・・・

この辺りの事情に詳しいマスコミ関係者、外務省関係者などに、当サイトはさっそく緊急取材を敢行した。水面下でうごめく各国の思惑と動きを、大至急お伝えしよう。

https://www.j-cia.com/archives/17448

【血統師SEVENのインテリジェンス競馬#167】

2022/03/19 12:47   -J-CIA記事紹介

(2022春シーズン連載)

鬼導戦師 SEVEN
第167話「デブい」

≪あらすじ≫
サンデーをもつ者ともたぬ者、そのおこぼれを狙う者。
サンデーを持たぬ者は生きてゆけなかった 日本生産利権

あらゆる悪徳が武装するなにわの街。
ここは567利権が産み落としたアパアパドキドキダイエーいちの市。

SEVENの躰に染みついたご当地ソースの臭いに惹かれて、
肥満すぎる奴らが集まってくる。
次回「デブい」。

SEVENが飲む利権中抜き上等希薄した下民専用浪速のコーラはハートがドキドキシュガー味

(追記を開催当日等にも行うことがありますので記事は念のためレース当日等もご確認ください )

★おまけ
(☆1競馬占い)
※ 日曜日
中山競馬場 スプリングS
阪神競馬場 阪神大賞典

月曜日 中山競馬場 フラワーC(参考扱)
※フラワーCは日曜に更新の可能性あります

------------------------------------------------------------------------
レポートは長くなりますのでまず予想から

https://www.j-cia.com/archives/17447

【戦争の闇】ウクライナ辺境マリウポリがロシア軍から総攻撃される本当の理由~首都キエフから遠いのになぜ?

2022/03/18 13:13   -J-CIA記事紹介

ウクライナに対するロシア軍侵攻の状況は、毎日メディアで事細かに伝えられているので、敢えて詳しく説明する必要はないだろう。あまり興味がないという方も、「首都キエフ」「ハリコフ」「マリウポリ」という3つの都市名は耳にした覚えがあるだろう。ロシア軍が重点的に攻撃を加えて制圧を目指していると思われる場所だ。上記3都市の中でも特にマリウポリへんも攻撃は熾烈を極め、民間施設への無差別攻撃や民間人殺害がロシア軍によって行われているとウクライナ側発信の情報を基にしたニュースが流れている。戦時中のプロパガンダの部分を差し引いても、他の地域に比べてロシア軍のマリウポリへの攻撃が激しいことは事実だろう。首都キエフの制圧が最終目的だと言われているロシア軍にもかかわらず、遠く離れた辺境にあるマリウポリの制圧にロシア軍が執着するのは何故なのだろうか?ニュースには決して流れない本当の理由をお伝えしよ

https://www.j-cia.com/archives/17446

【株価爆上げ目前!儲けるための記事】大規模工事受注のジャスダック企業をズバリ書く!

2022/03/17 11:01   -J-CIA記事紹介

報道は長らく続くコロナ禍と、ロシアのウクライナ侵攻で一色。2つの世界的な凶事により、多くの企業がダメージを負っている。しかし、この禍事で不祥事が注目されることなく、胸をなでおろすどころか、商機を掴もうとしている企業があるのだ。

https://www.j-cia.com/archives/17442

【総力特集!黒いウクライナ・後編】ウクライナ戦争でイスラエルとユダヤ人脈に莫大利益~仲介者のメリットとは・・・

この記事は以下2つの記事の続きになる。
【黒いウクライナ・前編】ウクライナのユダヤ系支配階級とネオナチの微妙な影」
( https://www.j-cia.com/archives/17433 )
【特別報道!黒いウクライナ闇・中編】自己保身ゼレンスキーのロシア挑発と兵器開発~新型コロナ開発の噂も・・・」
( https://www.j-cia.com/archives/17437 )
今回が連載最終回(後編)になるが、記事内容の理解度を深めるため、上記の「前編」「中編」を先に読んで頂くことを強くお奨めする。

前編では現在のウクライナを牛耳るユダヤ人脈について、中編では武器商人としての顔を持つウクライナのダークサイドについてお伝えした。今回はロシアとウクライナの停戦交渉を裏で仕切っているのが誰なのかを当サイト読者の皆さんだけにお伝えしようと思う。

ウクライナに対するロシア軍の侵攻について、実際には報道発表されていない水面下のチャンネルで、何度も両国の間では停戦交渉が行われている。この事実は情報通がそろっている当サイト読者の皆さんであれば既にご承知頂いていることだろう。イスラエルのベネット首相やトルコのエルドアン大統領などが訂正交渉仲介に名乗りを上げているが、そもそも戦争状態のロシアとウクライナが連絡を取り合う仲介者となっているのは誰なのだろうか?停戦はいつになり、最終的な落としどころはどうなるのだろうか?当サイト渾身の取材による予想も含め、以下では大手メディアが“大人の事情で”書けない内容をお伝えしよう。

https://www.j-cia.com/archives/17440

ヨタ話愛読者の皆様方へ、ニッポン”低国”におけるインチキコロナ騒動最後の砦であられる宮沢孝幸先生を応援して下さい!

2022/03/15 20:42   -J-CIA記事紹介

一億総白痴化国家ニッポン低国政府は、とうとうmRNAコロナワクチンの4回目接種を口にし始めた。行き着く所まで行った感がある。何が何でもmRNAワクチンでないとダメらしい。すだれハゲ前総理の利権獲得の動きによって確定したと言われる、このmRNAワクチン狂騒曲だが、最早科学的検証も何も無い、単なる利権漁りの政治屋の思惑のみで動いている。

亡国ニッポン低国を、利権と何の関係も無いのに身を挺して守ろうとしている紙一重の天才研究者が居る。前々回ヨタ話においても紹介させて貰った、そう、正に「愛すべきキチガイ」と呼ぶに相応しい本物のウィルス研究者且つ猫好きのピアニスト、京都大学ウイルス・再生医科学研究所准教授、宮沢孝幸獣医師である。

テレビにも「ワクチン利権屋の噛ませ犬」の様な、可哀想な立場で登場される事の多い宮沢先生だが、よくぞ大してカネにもならない御苦労をここまで背負っておられるな、と心底より感心させられるものである。

昨今、目の前に置かれたカネで右往左往する下民学者、使用人学者、使用人下民役人が絶えないが、宮沢先生はカネと社会的名誉全てを放り出すかのように、インチキコロナ騒動を利用する勢力と戦われている。

ーーーーーーーーーーーーーーー

以下、毎度おなじみ一行情報だ!!!日本で唯一、これらの情報が出せるのはここだけ!
https://www.j-cia.com/archives/17439

【特別報道!黒いウクライナ闇・中編】自己保身ゼレンスキーのロシア挑発と兵器開発~新型コロナ開発の噂も・・・

2022/03/15 04:42   -J-CIA記事紹介

この記事は「【黒いウクライナ・前編】ウクライナのユダヤ系支配階級とネオナチの微妙な影」の続きになる。先に前編( https://www.j-cia.com/archives/17433 )を読んで頂くことをお奨めする。

前編では現在のウクライナが実質上ユダヤ人の支配下にあることをお伝えしたが、今回はさらなるウクライナの暗部を白日の下に晒すことになる。もちろんロシアのプーチン政権によるウクライナ侵略の暴挙は絶対に許されることではない。しかしながらウクライナを単純な被害者として盲目的に同情して応援している方は、是非いったん立ち止まり、この記事を読んでから改めて考えてみてほしい。ロシア側が「米国の協力でウクライナで生物兵器を開発している」と国際法違反行為を批判し、国連でも同様の主張をしている。こうしたロシアの主張がすべてフェイクで耳を傾ける価値のない情報なのか、「ロシアが侵略の口実作りのために虚偽情報を流している」という欧米諸国の反応は本当に信じても良いのか。是非とも先入観無しに考えてみてほしい。

今回の「中編」では「前編」と同じくロシアの歴史・経済の専門家に話を聞きつつ、今回のロシア侵攻について当初から取材を続けている大手新聞社のベテラン記者からも裏情報を聞くことが出来た。以下ご参照頂きたい。

https://www.j-cia.com/archives/17437

NHK、またコロナ隠蔽!!!NHK法違反の疑いあり!!!

2022/03/14 16:06   -J-CIA記事紹介

アナウンサーの感染を“非公表”で押し切ったことは以前お伝えしたとおりだが、今度は出演者に“そういう話”が浮上しているという。

いやね、バラエティの端役程度なら公表せずに乗り切っても問題はないですよ。特に濃厚接触者もいないのであれば、しれっと休んで何事もなかったかのように復活すればいい。実際にそういう方針でやっているプロダクションもありますよ。ただね、局を代表する番組の看板をはる立場の人間が、しかも濃厚接触を多数出した上に隠蔽となるとちょっと話が違ってくるね。これがNHKの“ウィズコロナ”ってことなんだって胸を張ってくれるなら、まだ信頼度も挙がるってもんだが・・・・

https://www.j-cia.com/archives/17436

銘柄精査のため月曜朝ギリギリまでお待たせしました!大人気、仕手筋インサイドレポート!!!

2022/03/14 08:37   -J-CIA記事紹介

おまっっったせしました!!!というわけで時間がないので前置きは省略します!
とにかく今週は面白い銘柄と仕掛けがあります!ここから仕込んで儲けよう!カネを作ろう!国内で金を使って内需拡大を!!!

とにかくこれを毎週読んで儲けてください!年に何度か書きますが、「5倍100倍あたりまえ」なんて事は言いません!「去年よりも3割延びる」これがプロの金融でも当たり前です。「株で3年で8億儲けました」そんな奴はいません。いても、表に言う訳ありません。
我々は正直に、そして仕手筋とはいえみなさんに御迷惑がなるべくかからないようこれからもあんじょうよろしく!

https://www.j-cia.com/archives/17434

SEVENのインテリジェンス競馬ですが、一部の方に表示できない箇所がありました

2022/03/12 15:34   -J-CIA記事紹介

https://www.j-cia.com/archives/17432

もう一度画面を更新してみてください。よろしくお願いします。

 

そして禁断の記事もおもしろいですよ。

https://www.j-cia.com/archives/17431

【血統師SEVENのインテリジェンス競馬#166】

2022/03/12 07:16   -J-CIA記事紹介

(2022春シーズン連載)

鬼導戦師 SEVEN
第166話「やっかいな牝馬」

≪あらすじ≫
作戦は成功した
だがノーザンファームに意外な弱点が
競馬ファンの妄想を道連れに中山阪神中京の逃避行は続く

誰がそれを望んだのか
誰も望みはしない
今はただ利権を睨みながら使い分けねばならない

 

(追記を開催当日等にも行うことがありますので記事は念のためレース当日等もご確認ください )

★おまけ
(☆1競馬占い)
※ 日曜日
中京競馬場 金鯱賞

 

------------------------------------------------------------------------
レポートは長くなりますのでまず予想から

 

 

https://www.j-cia.com/archives/17432

起死回生!一発があると言われているあの株!禁断の技とは!

2022/03/11 08:16   -J-CIA記事紹介

目下、絶好調な業種がある。それはゲーム関連業界だ。市場規模は7兆円に迫り、今後も拡大が予想されている。業績も右肩上がりの企業が多く、この会社も起死回生の“秘策”を打ち出そうとしているが……。

https://www.j-cia.com/archives/17431