「J-CIA記事紹介」 一覧

姉妹サイトのJ-CIAの記事です。

だんだん強烈な情報がでる国際情勢ヨタ話スペシャル!

2021/04/12 22:30   -J-CIA記事紹介

*今回スペシャルのためいつもより値段が高いですがご了承ください。情報を集めるのには金がかかります。

いつもの話9本、プラス「世界の誰もが報じない、いや、報じないように圧力をかけられる」話も当サイトは平気で記載!(二階堂ドットコムがキワドイ話を書いてグーグルやアメリカに嫌がらせされ、サイトが検索にかからない、chromeでは見られないようにされたりするおそれがある記事なので高いのですご了承ください。)
ーーーーーーーーーーーー

・ロシア陸軍、ウクライナ国境に大戦車部隊を配備。ウクライナの出方次第では、一気に戦車部隊が越境して首都まで迫るか?ロシアはNATOに対して、「このまま緊張を煽るようであれば、ロシアとしては警告せざるを得ない。」と声明を発表。ウクライナの陰にはハンター・バイデンなど軍産関係者の姿が見え隠れ。

https://www.j-cia.com/archives/16875

【他では書けない真実】米国でアジア系ヘイト犯罪が起きる本当の原因・・・誰も語らない真実を!

2021/04/12 17:29   -J-CIA記事紹介

米国でアジア系住民に対するヘイト犯罪が急に顕在化している。以前からアジア系住民への激しい差別はあったのだが、特にアジア系住民への暴行事件が大きく報道されるようになった。少し前までは黒人差別に対するBLM運動で盛り上がっていたのだが、今はアジア系住民に対して白人だけではなく黒人も強烈な差別感情をむき出しにする事件が頻発している。なぜアジア人に対する憎悪だけが噴出しているのだろうか?

新型コロナウイルスがアジアの中国・武漢由来とされていることも当然ある。そもそもアジア人が米国の人種差別で最下層に位置付けられていることは周知の事実だ。間抜けな白豚やクロンボ(白人や黒人)の一部がイライラしているという現実。他のメディアでは絶対に語られない米国における差別感情のメカニズムを、あなただけにこっそりお教えしよう。

https://www.j-cia.com/archives/16874

みんなでやらない?このギャンブル株!みんなで10万円ずつ買ったら爆騰か!

2021/04/12 16:32   -J-CIA記事紹介

記事の元は取れると思うが有価証券の売買は勧めない・・・というスタンスの記事でございます。元手と記事代で15万でやるギャンブルのお話。損したら、ボッタクリバーに行ったと思えばいい。得したら、内需拡大のために使おう!

というのも、とある会社の株。東証にあがっているのだが、もうすぐ祭りが開催されそうな勢いだという。虚業ではなく一応見た目は実業なのだが・・・さぁ!ギャンブル株の話、聞いてみませんか?
それはズバリ、

https://www.j-cia.com/archives/16872

【二階堂オススメ・勉強になる記事です】スエズ運河での大型コンテナ船座礁事故からうかがえる我が国・日本の海運に関する一考察

2021/04/12 14:50   -J-CIA記事紹介

2021年3月23日(午前)に国際的な物流や海上輸送の要衝(パナマ運河等の運河やマラッカ海峡等の国際海峡)の一つ、地中海と紅海を結ぶエジプトのスエズ運河においてエバーグリーンEVERGREEN)がオペレート・運航する大型コンテナ船(本船名 エバー・ギブン EVER GIVEN)が座礁するといった海難事故が発生したが、2021年3月29日に当該本船は離礁に成功した。
現在、エジプトのスエズ運河庁(エジプト、イスマイリア)は、2021年3月29日の当該本船の離礁の成功とともにスエズ運河の通航を再開した。
翌日の2021年3月30日には足止めされていた各種本船はスエズ運河を次々に通航した。
そして、エジプトのスエズ運河庁は、スエズ運河の通行量を通常の二倍を超すものに引き上げて対応し、事態の平常化を急ぐと発表した。
その後、2021年4月3日にスエズ運河庁は、スエズ運河は通常の状態に戻ったと発表した。
以上のような今回のエバーグリーンが運航する当該本船「エバー・ギブン EVER GIVEN」がスエズ運河において海難事故・座礁した件に関する様々な費用・損害・補償・賠償等に関しては、いわゆる単独海損等ではなく「共同海損(いわゆるGAGeneral Average)」で対応してゆくことを当該本船「エバー・ギブン EVER GIVEN」を所有する愛媛県今治市の「正栄汽船」が2021年4月2日に宣言をした。
 
今回のエバーグリーンが運航する当該本船「エバー・ギブン EVER GIVEN」がスエズ運河において海難事故・座礁したことにより、スエズ運河を利用する海運や貿易、国際物流の脆弱性、世界的なサプライチェーンの脆弱性等の諸問題はいうまでもなく、我が国・日本の現在の海運業や造船業を巡る様々な側面がより明確となったものと思われる。
以下では、今回のエバーグリーンが運航する当該本船「エバー・ギブン EVER GIVEN」がスエズ運河において海難事故・座礁したことで窺える現在の我が国・日本の海運業を巡る側面に着目し、述べたいと考える。

今週のINSIDE REPORTは自信!手堅くイケルで!参戦しなきゃ損だ!!

2021/04/11 18:45   -J-CIA記事紹介

*ご注意 本記事は言論記事であり、金融商品の取引を推奨するものではございません。毎々お約束で書いておりますが、そうしないとダメだから書いているだけです。
と、いうわけでホットな銘柄入ります!!

「他の金融商品はどうなんや。ワシには株しか教えてくれへんけども」

「私ビットコインとかやりませんから。あんなのこそホントの博打ですよ。」

「仮想のものに値段つけとるんやからな。それに利益の30%が損益通算もされない商品に手を出すのはアホとしか言いようがないわな。テスラのトップはアレはもう相場操縦やろ。あとやってるのはアホばっかりで「下層通貨」言われとるで。まぁ確かに地味に株やるのがギャンブルの中でも一番リスクが少ないいうこっちゃ。」

「今週も大型銘柄で堅くいけそうですね」

ではズバリ! 資産増える銘柄!

 

https://www.j-cia.com/archives/16870

スエズ運河での大型コンテナ船座礁事故に関する一考察

2021/04/10 10:26   -J-CIA記事紹介

2021年3月23日(午前)、国際的な物流や海上輸送の要衝(パナマ運河等の運河やマラッカ海峡等の国際海峡)の一つ、地中海と紅海を結ぶエジプトのスエズ運河においてエバーグリーンEVERGREEN)がオペレート・運航する大型コンテナ船(本船名 エバー・ギブン EVER GIVEN)が座礁するといった海難事故が発生した。
現在のスエズ運河に関しては、エジプト、特にエジプトの軍部が中心となっていわゆる「新スエズ運河」が建設された(当初3年以上かかるといわれていたがほぼ一年で建設)こともあり、スエズ運河は現在、エジプト軍部の強い影響下にあるといわれている。
そして2015年にいわゆる「新スエズ運河」として新たに掘った35kmの区間、いわゆる第2レーン・水路と、「既存のレーン・水路(いわゆる第1レーン・水路)」を掘り下げ幅を広げた37kmの区間の大きく二つ区間、計72kmから成る。
いわゆる「新スエズ運河」の開発により、従来の「一つのレーン」から双方向(地中海と紅海を結ぶ)の同時通行が可能となったが、可能となったのはあくまでも一部区間のみであり、すべてが「二つのレーン」となったわけではない。
従来通り「一つのレーンのみの区間」も存在するのである。現在、スエズ運河は、管轄するエジプトのスエズ運河庁によって管理されている。2015年以降、いわゆる「新スエズ運河」の開発により、確かに運河を通行する船舶数は急激に増加した。2019年には1万9千隻の本船・船舶がスエズ運河を通行したといわれている。
だが依然として「一つのレーンのみの区間」が残存しているため、スエズ運河に関する様々なリスクの点で、根本的な要因の一つであるスエズ運河の全区間の双方化が可能となっていないことから、さまざまなリスクや懸念等は依然として残ったままといえよう。
本船「エバー・ギブン EVER GIVEN」が今回、海難事故・座礁したのは、水路・レーンが一つしかないスエズ運河の最南端部の地点であった。加えて、本船「エバー・ギブン EVER GIVEN」は、水路・レーンが一つしかないスエズ運河の最南端の水路・レーンをふさぐ形で座礁したのである。そのためにスエズ運河を通航する本船の流れ、通航が全面的にストップする事態となってしまった。
地中海側や紅海側においてもスエズ運河を通航・利用する本船が足止めされ、滞留された状態になってしまったのである。
そのため、アフリカの南端、喜望峰周り等の通航や利用に切り替えた海運会社や本船も存在するといった情報や商社・貿易会社・メーカー等のなかには輸送中の貨物を利用航路利用本船の様々な寄港地での積み替え、揚げ地や仕向け地の変更を海運会社や関係する輸送会社に対し求めるケースもあったとの情報も一部で流れている。
 
当該本船「エバー・ギブン EVER GIVEN」は、2021年3月29日、離礁に成功した。
当該本船「エバー・ギブン EVER GIVEN」の座礁の状態から、本船「エバー・ギブン EVER GIVEN」の離礁作業は一般に予想された(すくなくとも一週間以上は離礁に要し、長期化するとの情報が流れ、一般にそういった理解が拡散されることになった)のとは違い、一般に考えられていた以上に比較的迅速に離礁作業が行われ、離礁に成功した。

【血統師SEVENのインテリジェンス競馬#135】

2021/04/09 17:19   -J-CIA記事紹介

(2021冬春シーズン連載です)
春シーズン8回目

4/10が私の誕生日なのですが これを境に大抵冬眠から起きてやっと戦争モードに突入したりします
馬事関係者では松永幹夫調教師やデムーロ騎手のお嬢さまと誕生日が一緒だったりします

ということで白毛馬で騒がれるであろう桜花賞になります

 

■できるだけ早い配信を心掛けてますが、土曜日正午ごろの配信が今後多くなると思います(追記を開催当日等にも行うことがありますので記事は念のためレース当日等もご確認ください )

★おまけ(予想)
日曜日 阪神競馬場 桜花賞

(以下回収率に含めない参考資料の分)
土曜日 阪神競馬場 阪神牝馬S
土曜日 中山競馬場 NZトロフィー

(時間に余裕があったので久しぶりに土曜重賞の分析もだしました)


 

https://www.j-cia.com/archives/16867

誰も書かない!有吉弘行&夏目三久の結婚発表のウラ!

2021/04/06 19:20   -J-CIA記事紹介

4月2日に発表された有吉弘行(46)と夏目三久(36)の結婚。5年前には一部報道で2人の交際が報じられたにもかかわらず、すぐに記事自体が取り消されてしまい、芸能界の闇が囁かれたことを覚えている読者も多いだろう。「既に別れた」「交際継続中」など様々な噂が業界関係者の中では水面下で飛び交ってはいたが、結論から言えば後者の噂が正しかったことになる。この2人の結婚、独自取材源を持つJ-CIA以外では報じられない、知っておいて損はない与太情報を急ぎお伝えしよう。

https://www.j-cia.com/archives/16864

さぁ今日も参りましたよ!!!ちゃんと儲けたかな?

2021/04/06 17:17   -The Voice of Japan, J-CIA記事紹介

題名 【投機家Y 俺は日本生まれ、マザーズ育ち 先物やる奴だいたい友達!!  予想ズバリ先物寄り天!!ズドーンと下がって、ドカーンと賞与!! 言わんこっちゃないオキサイドは入らなくて大正解。 榊原資産】
ご注意!
本文言論記事にて、金融商品を推奨する記事ではございません。
尚、本記事は数万円程度はハシタ金で済む方に対しての記述です。間違ってもこの程度の記事価格でギャーギャー騒ぐ方お控え下さいませ!!
資金少額で始め謙虚に参戦し『億』を目指す方、分からないことはご質問お受け致します。
メインステージの新興市場及び先物は予期せぬ爆下げもあります。
「それは嫌だな」ってかたは東証一部の高配当と優待を貰いに行って下さい。
株式投資はあくまでギャンブルです。
自己責任にて参戦されたし!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
Twitter 投機家Y ざら場・夜間呟いてます。
毎週金曜日の記事は相場精査の為、土日どちらかに寄稿します。
A氏「先物、お前が動かしてるのか?ガハハ!!」
私 「そんな訳無いじゃないですか!!」
A氏「綺麗に決まったな!」
私 「落下していく音が聞こえるようでしたね。」
A氏「音はないやろ!?」
私 「良いんですよ!だいたいで 笑」
SQ最終日まであと日!
明日は4銘柄で参戦!!

【元取りなはれ】とある上場会社、ガク下がりか?ややこしい裁判書類!

2021/04/05 05:47   -J-CIA記事紹介

某オープンハウスのゴタゴタ。裁判に反社も登場。あえて何らのコメントもつけません。でもこれは利用すればかなり儲かるでしょう(もちろん当サイトでは法律上、金融商品の取引は推奨していません)。興味がある人だけお読みください。表のメディアにはこういうものは流れないので、動き方により元は取れるものと思います。

https://www.j-cia.com/archives/16858

これこそスクープ!ネットにさらされて終わる週刊誌はここだ!

2021/04/05 02:20   -The Voice of Japan, J-CIA記事紹介

4月2日に新聞メディアの「経営危機」を報じたばかりだが、伝統のある雑誌の?休刊?と言う名の廃刊が決まった。すでに、編集部員のみならず、連載陣にもこの訃報(?)が知らされているという。当サイトでズバリ晒してみよう

https://www.j-cia.com/archives/16860

【INSIDE REPORT】今週の仕手株情報はここだッ!!!

2021/04/05 02:18   -J-CIA記事紹介

*本記事は当然ながら言論記事であり、題名本文に何かが書かれていてもそれは金融商品の売買を勧める記事ではありません!毎度恐縮です!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「今週は出るの遅かったですね。もう夜中ですよ」

「会議が長引いてな。それだけ銘柄を絞り込んだわい。それから過去銘柄も監視銘柄にはいってるものがあるから要チェックやで」

「そんなら夜も遅いし、さっさといきまひょか」

出た今週のズバリ本命二銘柄!!!

https://www.j-cia.com/archives/16861

【血統師SEVENのインテリジェンス競馬#134】

2021/04/03 06:34   -J-CIA記事紹介

(2021冬春シーズン連載です)春シーズン7回目

そろそろビーイングでもよんだほうがいいのかなと考え出しています(原因不明の頭痛が続いており若干手抜きをしました)

■できるだけ早い配信を心掛けてますが、土曜日正午ごろの配信が今後多くなると思います
(追記を開催当日等にも行うことがありますので記事は念のためレース当日等もご確認ください )

★おまけ(予想)
日曜日 阪神競馬場 大阪杯

------------------------------------------------------------------------
レポートは長くなりますのでまず予想から

 

https://www.j-cia.com/archives/16857

新しい年にはじめる健康生活。

2021/04/02 02:07   -J-CIA記事紹介

さぁ絹小野アイプリルフールはお楽しみ頂けましたでしょうか。暖かくなり太りやすい季節です。「キノコキトサンダイエット」をはじめ、目によい「瞳の友」、そしてイチオシの「プラセンタ」、他のより飲酒時にきくと私は思う「ウコンの出番」。健康管理のトップに君臨する「醗酵アガリクス」。新春に初めて見てはいかがですか。合うモノはぜひ続けていらっしゃるといいことがたくさんあると思います。いつもおなじみimbさんの健康食品。高い商品力と満足感。まだお試しでないかたも、いままでご愛用頂いている方も、ぜひ!使ってくださいね!

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

<imb岩田さんより>いつも大変お世話になり心から感謝申し上げます。

桜があちらこちらで満開ですね!

春の短い時期に満開の花を一斉に咲かせてぱっと散る、まさに日本の春を象徴する植物です。私たちがまず思い浮かべる桜は、「染井吉野(ソメイヨシノ)」という品種で、日本の桜の8割を占めると言われます。染井吉野は、江戸時代後期に江戸彼岸と大島桜の2種を交配させて生まれました。全国で圧倒的に多く植えられた結果、気象庁から毎年発表される「桜前線」と言えば、染井吉野が対象(標本木)となっています。

およそ桜の開花には順があり、私たちがよく目にする種類を挙げれば、晩秋・初冬から春先にかけて十月桜(年に二度開花)、二月頃に寒緋桜、続いて河津桜、陽光桜、小彼岸桜に大島桜、そして染井吉野(ソメイヨシノ)。その後に八重桜や御衣黄(ギョイコウ)などが続きます。

しかし、今年は開花時期が早く、しかも河津桜・陽光桜と同時に染井吉野が咲いたという地方も多くあり、例年であれば、お花見が最高に盛り上がったことでしょう。

さて4月を迎えました。

将来に胸を躍らせ、あるいは不安や緊張を抱きながらも、新たな出発の時期です。

新しい会社・職場、新しい学校、新しい環境、入社、入学、新入・進級。

本当に「さまざまの こと思ひ出す 桜かな (芭蕉)」という心境ですね。

「初心忘るべからず」と言われますように、未熟な頃、中堅の域に入った頃、ベテランの年齢に差し掛かった頃、いずれの世代においてもこの時期に咲く桜の花を見たら初志を振り返るきっかけにしたいと思います。

☆公益財団法人 日本健康・栄養食品協会会員のアイ・エム・ビーでは、みなさまの爽やかな春の出発と新型コロナウイルス感染症の一日も早い終息を願い、4月1日(木)から4月30日(金)まで【春の健康ステップアップ キャンペーン】を開催いたします。

ぜひ、公式オンラインストアをご覧ください。

二階堂様におかれましては日々のお仕事に加え、内需拡大と多くの方の雇用維持につながるご出張など毎日、ご多忙のところ誠に恐れ入りますがよろしくご案内のほどお願い申し上げます。

岩田眞人 拝

(無題)

2021/04/02 01:54   -J-CIA記事紹介

題名 【投機家Y 読者諸兄祝!!今日も使えるアウトレンジ! 騰がってヨシ下がってヨシ。穀物騰がってきたね!!忙しくなるよ。確り波に乗るべし!! 榊原資産】
ご注意!
本文言論記事にて、金融商品を推奨する記事ではございません。
尚、本記事は数万円程度はハシタ金で済む方に対しての記述です。間違ってもこの程度の記事価格でギャーギャー騒ぐ方お控え下さいませ!!
資金少額で始め謙虚に参戦し『億』を目指す方、分からないことはご質問お受け致します。
メインステージの新興市場及び先物は予期せぬ爆下げもあります。
「それは嫌だな」ってかたは東証一部の高配当と優待を貰いに行って下さい。
株式投資はあくまでギャンブルです。
自己責任にて参戦されたし!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
Twitter 投機家Y ざら場・夜間呟いてます。
毎週金曜日の記事は相場精査の為、土日どちらかに寄稿します。
A氏「毎日上下が激しいわい。」
私 「東京エレク、ファナック、アドバンテスト、エムスリーの4銘柄で日経平均を
約198円上げてます。」
A氏「第2のファストリ候補か?」
私 「どうなりますかね。」
A氏「明日の夜はアメリカ休場だから、これまた忙しそうだわい。
私 「まだ気は抜けないですね。」
明日は新年度最初の週末
5銘柄で参戦!!

【総力特集】独占!政官財の癒着ビジネス、政官界汚職の構図!また「あいつ」の名前も!!!

2021/03/28 23:25   -J-CIA記事紹介

赤旗日曜版が三度、政官財の癒着ビジネスにメスを入れた。3月28日の赤旗日曜版が、コンサルタント会社「ライズ・ジャパン」による政治家への巨額資金提供を報じている。

「忖度」なのか、それとも裏で大物が動いていて圧力がかかっているのか、政界汚職に発展しかねない問題を後追いする新聞やテレビ、そして週刊誌は皆無で実に不思議だ。ならば、JCIAが新情報を提供しよう。

https://www.j-cia.com/archives/16848

仕手戦!大規模に始まる!短期で抜くぞ!儲けて新年度も熱く!

2021/03/28 14:45   -J-CIA記事紹介

ご注意!本記事は言論記事です。題名や本文にどのような記載があろうとも、金融商品等のお取引を勧めるモノではありません。やりたければ読んで参加を!儲けている人はいる!毎度の注釈、恐縮です!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「銀行とか巻き込んで少しうごかすで!もう今年も第一四半期やからな。こないなときはガッチリ仕掛けていくさかいに。」

「おお!熱い相場展開ですか!」

「もちろん頭と尻尾はくれてやれというくらいの心意気がないとアカン。今回は監視も含めて銘柄数多いで。権利落ちで拾うのも含めて今回の記事はお得なはずや!特に全社調べている暇がない人とかな」

「私もそうです。広う暇もないのでピンとくる玉を仕込んでます。今年はプラス130%ですねいまのところ」

「上々や。世界に30%の利回りある商品なんてほとんどインチキやけど、株ならできる。なんなら、今年はそこで手じまいにしてもいい位や。ワシら動かしてるのが10億単位になるからのう。余計なことせんであとはじっと銘柄研究にいそしんでもええワケや。ひとそれぞれや」

「まぁもう少し欲しいところですね。私もパソコンを買い換えたいので」

「ほな行くで!ついてこい!」

https://www.j-cia.com/archives/16847

 

【血統師SEVENのインテリジェンス競馬#133】

2021/03/27 05:44   -J-CIA記事紹介

2021冬春シーズン連載です 春シーズン6回目

武豊騎手の負傷で春シーズンの有力馬が軒並み騎手の確保などでバタついてるのを見ながら、今回は高松宮記念&ドバイの展望になります(原因不明の頭痛が続いており若干手抜きをしました)

■できるだけ早い配信を心掛けてますが、土曜日正午ごろの配信が今後多くなると思います(追記を開催当日等にも行うことがありますので記事は念のためレース当日等もご確認ください )

★おまけ(予想)
日曜日 中京競馬場 高松宮記念

(参考)土曜深夜 ドバイWC-Day

------------------------------------------------------------------------
レポートは長くなりますのでまず予想から

自信度はAからC 時折Sが出ます (ほぼCで推移)

https://www.j-cia.com/archives/16845

NHK(二階堂放送協会)最終回(前編)

2021/03/25 14:28   -J-CIA記事紹介

最終回スペシャル、ア・イヌ/近鉄/福島第一原発の闇/無選手開幕オリンピック/ANAの素晴らしさ/文春は張り込め!沖縄での役所接待の店/ZOOMは支那が自動テープおこししてチェックしてる/島田紳助の動向/吉本興業/にゃーとぴあ/問題発言連発!最終回スペシャル/さすがZAITEN/ほか
--------------------------------------------
出演者(順不同):芸能の/ナベさん/局長/中山さん/二階堂
・2021年第2回(通算77回)
・収録時間:約121分
・収録日:3月23日

https://www.j-cia.com/archives/16841

赤旗砲炸裂!会食した役人は震えていなさい!下手に嫌がらせすると、ヤッチャうよ!

文春砲ならぬ、赤旗砲が炸裂した。3月7日に続いて赤旗日曜版が、3月21日号で再び政官財癒着ビジネスの実態を暴いている。もちろんJ-CIAでも先日お伝えしているが、続報だ!国会もまた揺れるだろう!

https://www.j-cia.com/archives/16835

【株価暴落のサイン!】マネロン対策の審査結果前に金融庁が箝口令!!!売るしかない!

2021/03/21 01:18   -J-CIA記事紹介

マネーロンダリングやテロ資金などの対策を国際的に協力推進する団体・FATFの審査結果公表を前に、金融庁が金融機関に対し箝口令を敷いている。

このFATFによるマネロン対策の審査は、2019年10~11月にかけて実施された。

国内では3メガバンクを始め、地方銀行の上位行やゆうちょ銀行など約10機関が対象となりFATFの審査官が面談したのだ。

その審査結果が今年8月にも公表される予定だが、ここにきて金融庁が審査を受けた金融機関に「どんな内容だったか絶対話すな」と脅すような言い方で連絡している。

その理由を探ると、ある金融機関の審査結果が極めて悪いからではないかと言う。
その金融機関とは......ズバリ書きます。

https://www.j-cia.com/archives/16833

今日は14本!国際情勢ヨタ話!ワクチン打ての政府はやっぱり利権だった!

2021/03/15 14:08   -J-CIA記事紹介

さぁ、あくまでも「ヨタ話」ではありますが大人気のこのコーナー。

今週も参りますよ!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

・東南アジア在住の某情報機関関係者によると、「英国の次の仕掛は、反中共組織中華連邦と組んで支那の分割、具体的には四分割にあるだろう、という噂だ。支那と国境を接するベトナム、ラオス、そしてミャンマーあたりで何らかの動きがあれば、その噂も現実味を帯びるのではないか。ミャンマーでは既に騒動が起きているが、今後の動きを注視すべきだろう。」との話。香港で敗れた英国の次の一手がどうなるか、見物である。

https://www.j-cia.com/archives/16826

【独占報道】放送免許取り消しは東北新社にとって超ラッキーな「むしろ儲かる」大甘処分!

2021/03/14 19:42   -J-CIA記事紹介

総務省と東北新社との関係については多くのメディアで報道されているが、当サイトでは既に過去の記事で(他では伝えていない)東北新社の闇を報じている。

さらに東北新社について別の大問題が浮上したのは既に皆さんご承知だろう。放送法で定められた外国人株主比率20%未満の条件を破っていたにもかかわらず、総務省への免許申請時に偽りの報告をしたことが明るみ出ている。この問題を受けて、武田良太総務大臣が3月12日の閣議後会見で、同社の子会社「東北新社メディアサービス」が持っている衛星放送事業者認定を取り消す方向であることを発表している。

「免許取り消し」と聞くと、いかにも厳しい処分のように感じるかもしれない。しかし実は東北新社にとっては“渡りに船”のようなもので、極めてラッキーな大甘処分だという話だ。東北新社の幹部社員によるリーク情報だ。当サイト独占取材で急ぎお伝えする。

https://www.j-cia.com/archives/16823

菅総理三男、大成建設と辺野古利権、琉球大学の闇~さらにオリンピック国立競技場も

菅総理の三男が辺野古利権に暗躍している。三男は、大成建設の九州支店所属となっているが、実質は本社直轄の”特別社員”扱い。まぁ当然だろう。直近では、琉球大学医学部附属病院の工事を巡って、入札の調査に「白紙回答」という前代未聞の対応をし、下地議員がJVを組む清水建設に譲ったという。なんらかの建設関係談合があったのか、それとも菅の何らかの天の声があったのか。

菅と下地は議員で同期。今回は、大成建設に所属する三男と辺野古利権との絡みがあるため、琉球大学医学部附属病院のほうは下地に譲ったという図式のようだ。これまでの総理経験者の中で、ここまで家族が関与してきた政治家は聞いたことがない。「古賀誠 長男」という名刺を持ち歩いているアホもいるがそれは除いて。まぁそれはともかく、菅は、安倍政権から悪い部分を継承したといえる。長男といい三男といい、家族総出で国民の税金を掠め取っていると取られても仕方がない。

「長男は別人格」などと訳の分からない言い訳をしていたが、それは奥さんが再婚だから血が違うとでもいいたいのだろうか?いざとなったら、人間、血でも身内でも近い奴を優先するものだ。

そう言えば、新国立競技場の工事も大成建設だったな。やはり、3男だったか。こりゃぁ、闇が深い。書いている俺も「何をされるかわからないぞ」と警告されている。日本人には。

昨日も書いたが”海の向こう”からは、私は何もいわれていない。いわれていないというより、「何をやってもかまわない」という風にいわれている。

https://www.j-cia.com/archives/16818

【公安視点で見る:更迭された悪い役人】元総務審議官谷脇。セキュリティー感覚ゼロのド素人で自宅も晒す平和ボケさ

谷脇康彦 元内閣サイバーセキュティセンター副センター長のサイバーセキュリティに関して
ベンチマークをおこないました
その結果をご報告します

谷脇康彦さんは サイバーセキュリティに関して著作などもあり第一人者と目されてるようですが、素人ですね。
古くからのソーシャルハックの対応に関してがばがばで よく見かけるロケーションなどを簡単に割り出すことができました

本人がJR中野駅を利用していることを発言しており 谷脇氏本人がアップロードしている画像データから絞込は中野駅北口エリアと簡単に判別できました
これは谷脇氏が自分で勝手にネットにバカバカものを出しているので判明したことです。要するに自業自得。ネットなんかに自分の家や家族がわかるものを出す役人は、どこかのスパイに「うちに来てね!」といっているのと同じです。こんなに危機管理のできない役人は、今後は出世できないと思った方がいいでしょう。

https://www.j-cia.com/archives/16813

お待たせしました!今週の国際情勢ヨタ話はこちらです!

2021/03/06 09:42   -J-CIA記事紹介

ヨタ話なのに当たると各方面で噂の本記事。さぁ合計10本の一行情報、参ります!!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
・某情報機関関係者、「ロシア政府高官が今年の夏から秋までの間にコロナウィルス騒動を『終わらせたい』と以前言ったようだが、実際にその様な動きがあるという噂が、何故かバチカン周辺から聞こえてくる。」と語る。ファイザー製薬のコロナウィルスワクチンの効果が素晴らしく、終息の見込みが立ったと喧伝されているが、この流れに沿った可能性がある。

https://www.j-cia.com/archives/16806

【血統師SEVENのインテリジェンス競馬#130】

2021/03/06 04:03   -The Voice of Japan, J-CIA記事紹介

(2021冬春シーズン連載です)
春シーズン3回目

春のクラシックに向けて基幹レースが二つ行われます。弥生賞とチューリップ賞になりますが、出稿時間の都合から弥生賞を見ていきます

(体調不良につき今回も手抜きさせていただきました)

■できるだけ早い配信を心掛けてますが、土曜日正午ごろの配信が今後多くなると思います

(追記を開催当日等にも行うことがありますので記事は念のためレース当日等もご確認ください )

★おまけ(予想)
日曜日 中山競馬場 弥生賞

https://www.j-cia.com/archives/16805

【金融庁発金融緊急情報】金融システムに重大な障害発生の可能性あり。ユニゾHで取り付け騒ぎなるか

2021/03/04 08:19   -J-CIA記事紹介

前回、昨年6月に非上場化した不動産会社「ユニゾホールディングス」に融資している取引金融機関の一部を紹介した。今回は、15億円以上を融資している金融機関をご紹介しよう。破綻で日本の金融システムが影響を受けるのはほぼ間違いない。上場金融機関の株価にも影響を与えるだろうコトなので先日に続いてお伝えする。
https://www.j-cia.com/archives/16802

国際情勢ヨタ話 キチガイ特集「天皇はスパイ」

2021/02/28 09:45   -J-CIA記事紹介

「英国は現在の天皇を支持し、皇嗣を支持しない。」と言う奇妙な噂がある。あまりにもキチガイ過ぎて出すのをためらわれた話だが、今回、ヨタ話愛読者の皆様方に敢えて出して、それぞれにお考え頂ければと思う。意見や文句をJ-CIAや二階堂ドットコムにお送り頂ければ幸甚である。

冒頭の「英国は現在の天皇を支持し、皇嗣を支持しない。」の意味するところとは、果たして何であろうか?いくつかの展開が想定される。

1. 100年振りに日英同盟を復活させた両国関係にクギを刺す為に流布された、どこかの国からの偽情報。

2. 現天皇が何らかの形で日英同盟復活に関与している。

3. 英国が、日本の皇室の未来に関して、何らかの感触を得ている。

こんな所だろうか。

先ずは、今後の展開を予想する上で役に立つかもしれないので、日英同盟に至る歴史と背景を復習してみたい。長くなるが、今後の日英関係その他を考えるきっかけとなるかもしれない。

日英同盟は英国の伝統的な地政学上の戦略において、

https://www.j-cia.com/archives/16793