「J-CIA記事紹介」 一覧

姉妹サイトのJ-CIAの記事です。

先ほど買った株ですが

2018/06/19 10:34   -J-CIA記事紹介

これ、一日で結構利益取れるはずです。

https://www.j-cia.com/archives/14390

まさに芸能界の闇!元AKBが“異常圧力”の餌食に

2018/06/05 21:37   -J-CIA記事紹介

前田敦子や大島優子を筆頭に、卒業後も芸能界で活躍を続ける元AKB48メンバーたち。やはり一度国民的グループに参加すると箔がつき、多少売れなくなったとしても、顔を覚えられている人間はその後も安泰か・・・と、思えばそうとも限らないらしい。かえって「元AKB」という立場が、足かせになるケースもある。

今回の主人公は、決して売れっ子ではなかった元メンバーだが、ふとしたボタンの掛け違いから、嫌がらせというほかない仕打ちを、古巣から受け続けているという。今年2月、芸能プロは独占禁止法の見直しにより、これまでのようにタレントを自由に縛り付けることは難しくなったが、老舗事務所にはそんな常識もまるで通用しないのだろう。

昨年、AKBを卒業した後、

https://www.j-cia.com/archives/14349

【インテリジェンスJP】中国が仕掛ける諜報戦に苦慮するフランス、そして永田町も結構やられている

2018/06/05 17:44   -J-CIA記事紹介

DGSE(Direction Générale de la Sécurité Extérieure、フランス対外治安総局)の元エージェントが二人、二重スパイ容疑で逮捕された最近の事件は、フランスに対して中国が仕掛ける諜報戦が激しくなってきていることを物語っている。5月24日にフランスのニュース番組でコティディアン(Quotidien)が、

https://www.j-cia.com/archives/14347

【Tの視点】補論 米朝首脳会談を巡る狂想曲に関する一考察

2018/06/05 17:40   -J-CIA記事紹介

「2018年6月12日のシンガポールでの米朝首脳会談の開催」の実現に向けた米朝間のハイレベルでの最終調整のため、「金英哲」朝鮮労働党副委員長が北京(中国)経由でニューヨーク(米)を訪れる(金英哲朝鮮労働党副委員長は5月29日に北京に到着し、30日の午後の便でニューヨークに向けて北京を発った模様。)。

米・ホワイトハウス及び米国務省は、

https://www.j-cia.com/archives/14346

【Tの視点】ラブロフ露外相の訪朝に関する一考察

2018/06/05 17:26   -J-CIA記事紹介

既にロシアの視線は米朝首脳会談以降の北朝鮮利権(制裁解除に伴う経済協力・市場を巡る争奪戦)に。

https://www.j-cia.com/archives/14345

はじめに

2018年5月31日、ラブロフ露外相が北朝鮮・平壌を訪問した。

ラブロフ露外相は、李容浩北朝鮮外相と露朝外相協議を行い、その後に金正恩朝鮮労働党委員長との会談をもった。

金正恩朝鮮労働党委員長との会談でラブロフ露外相は、プーチン大統領から金正恩朝鮮労働党委員長に宛てた親書を金正恩朝鮮労働党委員長に直接、手交した。

nikaidou.comで、文春の内部情報をあれだけ詳しく出せたワケ

2018/06/01 04:26   -J-CIA記事紹介

「名前をあげてみませんか」
村島が、連絡専用スマホにメッセージを送ってきたのは、先週に続いてのことだった。

どういう目的で連絡してきているのかわからないが、俺は面白がっているだけだ。大体、目的はわかっているがいわないのが「忖度」ってもんだろう。
文春の内部情報を、やたらと詳しく持ってきたのは、

https://www.j-cia.com/archives/14332